ピアノ教室と音楽教室

      2019/05/14

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

先週から4歳から5歳のお子さんが受講する新しいクラスのレッスンが始まりました。

幼児科で学ぶこと

最初のレッスンでは講師からテキストやワーク、その他の教材についてのお願いや
保護者の皆さんが実際のレッスンでお子さんとどのように関わっていただければいいかなどの説明がありました。

 

 

ヤマハ音楽教室の幼児科コースの生徒さんはまずヤマハオリジナル教材
「ぷらいまりー」というテキストを使って様々なことを学びます。
実はこのテキストの中を見てみると個人のピアノレッスンなどで使われる
市販のピアノ教本とは中身がかなり違っています。

何が違うかというとまず楽譜の量です。楽譜というより絵に五線がほんの少しという感じです。

 

実は幼児科のレッスンはピアノなどの鍵盤が弾けるようになることだけが目的では
ありません。ヤマハ音楽教室という名の通り「音楽」を学んでもらうための
コースです。教材には、テキストの絵以外にもCDやDVDがあり、
宿題は曲を聴くこと、見ることから始まります。

 

曲を聴いてどんな曲なのか詞で歌いイメージを膨らませます。
そして「ドレミ(音名)」でうたいます。
この歌うということは耳の力を伸ばし、表現力や想像力を養うことにつながっています。

成果が見えにくい・・・。

さて一般的に個人のピアノレッスンでは楽譜を見て、読んで弾くことが
メインです。内容は使用するテキストによってや指導講師によって
カリキュラムは違いますが、少しづつ難しくなっていく様々な曲を
どんどん弾くことで楽譜を読む力と演奏力を身につけていきます。

 

またピアノレッスンは個別の指導なのでご本人のやる気で進度が人によって
変わってきます。ですからやる気の度合いによって演奏力は
個人レッスンで学んだ方が早く身につくと感じられます。

 

でも他の人といっしょに受けるレッスンは自分だけでなく周りの友だちの様々な
視点や表現力を感じることができ、たくさんの刺激を受けることができると思います。

そしてヤマハ音楽教室のグループレッスンを続けることで
広い視点のアレンジ力の他、音楽全般にわたる力を自然と身につけることが
できるようになっています。

ただグループレッスンを受けている生徒さんから演奏など周りおとなに
わかりやすい成果を感じられるのは小学生以上になってからだと思います。
でも着実に音楽の基礎力がが身についていることが私たちスタッフは
いろいろなタイミングで感じることがあります。

将来ピアノやエレクトーンだけでなく様々な楽器を楽しめる人になる
基盤をここで身につけていただきたいと思います。

 
 

平瀬楽器オリジナル春のキャンペーン実施中!くわしくはHPをご覧ください!

平瀬楽器のLINEに登録してください♪ おとなのケンハモ体験会開催します!

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

 

ぜひお友だちやご家族と一緒に挑戦してみてはいかがですか?

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - ヤマハ音楽教室