夏休みの宿題を徹夜で終わらせるのとは違って

   

vol.1019

 

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は来期の経営指針づくりの時間を
確保しようということで、
昼から以降の予定を全く入れず、
ひたすら考える時間にしていました。

 

結果、15:00~22:30という長い時間で
取り組むことが出来てラッキーでした。

 

●集中力

 

15:00から22:30というと、8時間半。
一日の労働時間くらいの長時間です。

よくまぁそれくらいの時間集中して
仕事ができたなぁと思うのですが、
これって理由があると思うんです。

 

まず前提として。

素養というか性格の問題なのかも
しれませんが、
我々調律師というのは
集中力を切り売りしているような
職業ですので(笑)、
ある程度の時間意識して集中する
というのは慣れているのかなと思います。

 

 

また、当たり前ですが、
これをやっておかなければいけない
とかいう、お尻に火がついた状態だと
集中力は高まります。

夏休みの宿題を最後の日に
徹夜で一気に終わらせたーなんてこと、
誰しも経験あると思います。

 

そういうのとは別に、
興味というのが集中力を高める
というのもあるんじゃないかなぁ
と思うんです。

 

 

●好きなことだから集中する

 

昨日で言えば、来期の計画を作ることは
やらなくちゃいけないことであると同時に、
今自分自身の中で一番興味のあることなんです。

一番優先したいことなんです。

 

だからそれ自体に長い時間かかっても
大きな問題にはならない、と感じちゃいます。

それをやることが嬉しいんですから
当たり前ですよね。

 

今だったら小さい子供さんが
タブレットでyoutubeを見続ける、という
姿をよく見かけます。

 

いいか悪いかは別にして、
親御さんからしたら放っておいても
静かにしてくれているので便利ですよね。
これも集中できているからに他ありません。

 

ということは、
今しなくてはいけないことを
好きなことだと認識できれば、
自然に優先して取り組めるのでは
ないでしょうか。

 

 

自分の気持を騙すことは出来ません。

でも自分の気持をコントロールすることは
できると思います。

 

同じやるならイヤイヤやるのではなく、
前向きに取り組んで、
気がつけばあっという間に時間が経っていた、
成果もちゃんと出た、
という取り組み方がベストですよね。

 

どのように取り組めば
そのような状態を作ることができるのか、
考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

★毎日発行メルマガ「音楽で、この町の笑顔を増やします。」発行中!登録してくださいねー

平瀬楽器オリジナル春のキャンペーン実施中!くわしくはHPをご覧ください!

平瀬楽器のLINEに登録してください♪ おとなのケンハモ体験会開催します!

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!


詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

2019年の動画(85本目標!)
◆アシストペダルについてご説明します(その1)(56/85)

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。 三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師として一般のご家庭や施設・ホールなどをまわりつつ、店頭ではピアニカやエレキギター、カスタネット、大太鼓など、いろんな楽器の修理もやっちゃう楽器の専門家。 その他にコンサートや落語などのイベント企画、台本作成・進行などのディレクション業務、音響業務なども得意科目。 企画段階から本番の進行まで、イベント全体をまるっとマネジメントできるのが強み。イベント開催時の参謀役として置いておくときっとお役に立てるナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 練習について, 考えていること