講師出演のコンサートで感じたこと

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

昨日は講師の出演するコンサートに行ってきました。

フルートのアンサンブル

当店でフルートやオカリナを指導してくださっている
講師が阪神間で活動する他のフルーティストとともに
結成しているグループのコンサートでした。
三田市近隣にはプロのフルーティストの方がたくさん
いらっしゃって様々な活動をされています。

 

 

またその先生方が指導されているアマチュアや
ジュニアのグループがありますので年に何度か
フルートオーケストラやアンサンブルを耳にする
機会があります。

 

正直なことを言うと普段オーケストラや吹奏楽を
耳にする機会が多い人からすると、フルートという
楽器だけでの演奏は音色の変化が少ない分、迫力や
インパクトに欠けるのでちょっと物足りないと
感じてしまいます。

 

私もこのコンサート楽しんで聴けるかな~と
思いながら伺いました。

プロならではの演奏

始まってすぐはフルートの音というより
全体の音量感や迫力にばかり耳がいって
しまっていました。

 

でも聴いている途中でふと気がつきました。

 

ハーモニーやバランスがとても気持ちいいんです。

 

プロの方々が集まってのコンサートでしたので
当たり前だろと言われればそうかもしれませんが
音程もぴったりあっていて全体の響きや
ソリストとのバランスも気持ちよく聴けました。

 

自分自身がフルートを演奏するからわかるのかも
しれませんが、ここまで細部にわたってきれいな
響きにするのはやはりアマチュアの集まりでは
無理があります。

 
さすがプロのコンサートだな~と思い始めると
どんどんプログラムに引き込まれていきました。
そしてここに出演した当店の講師は普段教室で
指導つつ、ソロの演奏活動もされています。
そんな忙しい中、こうして集まって素敵なコン
サートを開くために頑張られているのが
すごいな~と思いました。

 

私も忙しい!を言い訳にせずにこの先生に負けずに
頑張ろうと思ったコンサートでした。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - コンサート