知っててアタリマエだという思い込みってあるよね~

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

●知ってもらうイベント

 

昨日は新しく地元で取り組む、商売人のための
イベントの講習会に行ってきました。

それはお客様にお店に来ていただいて
商店主の持っている知識とか技術とかを
知ってもらうというイベントで、
お店の人と仲良くなってもらうというのが
主な目的です。

なので、無理な売り込みは絶対厳禁。
あくまでも何かをお伝えする場として
使ってくださいねというのが説明会の
主な内容でした。

 

●直接的すぎる?

 

その後のグループ討論で、ある工務店さんが
こんなことを話されました。

 

その工務店さんは今回の企画でお客様に
レザークラフトの体験をしてもらおうと
お考えでした。

本当は家を販売しているので建て方や
お金の考え方などをお伝えした方が良いのだけど、
ちょっと直接的すぎるからもう少し楽しんでもらえるものを、
ということで、外部から講師を呼んできてで
ワークショップを行う段取りだったようです。

 

しかしいろいろ話を聞いていると、
工務店さんの持ってらっしゃる木材の知識や
家の補修や保全の方法など、我々が持っていない
知恵や知識をたくさん持ってらっしゃることが
わかりました。

だったらそういうことをお伝えすればいいじゃない?
という話になり、もともと作っていた企画は
前向きに一旦白紙になりました。

 

●専門知識

 

これって我々でも同じなんですね。

例えばピアノの磨き方ひとつとっても、
先日のブログに書きましたように
水を使っていいのか・だめなのか、から始まり、

どんな布を使ったらいいのか、

どんな溶剤を使ったらいいのか、

どう磨けばいいのか、

仕上げ方はどうなのか、

などなど疑問はたくさん出てきます。

 

でもこちらからすると、
みんな知ってるだろうと思うような
当たり前のことなんですよね。

でもそれって全然当たり前じゃない。

 

今回この勉強会に参加させてもらって
改めてそれを知ることができました。

 

という事は、当たり前だと思っていたから
きちんと説明できていなかった事も
たくさんあるんじゃないかなと思ったんです。

 

これは、もう一度仕事を振り返ってみて
当たり前だと思っていることを
リストアップしてみるというのも
いいかも知れません。

 

もっともっとわかりやすく、
もっともっと興味深く、
やっていることを見てもらうためには
そんな工夫も必要なのかなーと思いました。

 

平瀬楽器のLINEに登録してください♪
楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回お届け!


PCでご覧の方はこちらを
クリックしてください♪

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 楽器のお手入れ