発表会の選曲・楽譜選びはどうしたらいい?

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

今日は朝から楽譜のお問い合わせをたくさんいただきました。

○○の楽譜がほしい

一般的に楽譜というと五線の上にオタマジャクシが
書いてあって、楽器をされていない人はどれも一緒と
思ってしまいます。でもいろいろな用途に応じて見やすい
楽譜というのがあります。
ご希望の形式になった楽譜を探すのはなかなか難しい
ものです。

 
今日もピアノの指導者の方がそれぞれ楽譜をお探しでした。

 

おひとりは曲名がわかるけれど出版されているかわからない
とのこと。しかもピアノソロで演奏できる楽譜と連弾で
演奏できるものをご希望でした。

しばらくお調べしてひとつはご希望に添えるものが
見つかりました。でももう1曲は残念ながら、ピアノの
楽譜として店頭では販売されていないものでした。
実はこういう事がよくあります。

 

曲の著作権の関係で本にできないものや
ネット上でとても人気がある曲でよく耳にはするのですが
CDすら販売されていないもの、そして曲が作られて
何年もたっているので当時出版されていた楽譜は
ありますがすでに絶版になっているなど理由は様々です。

 
また海外で作られた楽譜で輸入するしかないものや
ネット上でしが販売されていない楽譜も数多く存在します。

ユーチューブなどで演奏されているのを見て
同じ楽譜がほしいとおっしゃられる方がありますが、
いくら待っても店頭には並びません。

自信を持って弾ける楽譜

さてもうひとりの先生は曲はポピュラーなものでしたが
収録されている楽譜の種類によって曲のレベルが
いろいろあり、とても困られていました。

 
生徒さんが弾きたいとおっしゃられる曲は
本当に多種多様です。これから予定される発表会で
生徒さんが自信を持って弾けるような楽譜を
探すのに苦労されていました。

 

もちろん自信を持って弾けるレベルの楽譜というのは
とっても重要ですが、発表会に向けての選曲の際は
今より少しレベルアップした曲を選ぶ必要があります。

この辺りは長くレッスンを見てくださっている先生が
ちゃんと楽譜を見て選んでくださるのが一番です。

 
弾きたい曲があれば早めに先生にご相談いただき
選んでいただくといいでしょうね。

 

 

 
ピアノを教えている先生方、そして習っている皆さん
弾きたい曲があれば早めに当店にご相談ください。
ご要望にお応えするためにもお調べする時間を
いただけると助かります!

よろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 楽譜のこと