グランドピアノの運び方

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

グランドピアノってどんな風に運ぶかご存知ですか?
グランドピアノは見た目のまんま運ばれてくると
思ってる方が意外と多いですよね。

 

●小さくなります

 

アップライトピアノはあの形から変わる事は
ありません。

手で運ぶか、クレーンなどを使って運ぶかの
いずれかです。

 

けれどもグランドピアノって、実は足やペダルを
取った状態で届きます。

それを運送屋さんが持ってきて、足を取り付けて
起こして設置する。
ここまでがグランドピアノの納品・搬入のお仕事に
なります。

 

●実際に見ることがない

 

でも実際の話、グランドピアノの足がない状態って
イメージつきにくいんですよね。

それもあってかと思うのですが、グランドピアノを
置く部屋の入り口はめちゃめちゃ広い扉じゃないと
入らないように思われている方も多いんですが、
実はそんなことないんです。

一般的なお家の扉の広さがあればすっと入るんです。

それは何故かと言うと、足やペダルが取れてボディー部分が
縦になっているからなんです。

下手するとアップライトピアノよりスリムなんじゃないかな?

 

●動画を作りました

 

といっても、なかなかそういう納品の状況って
出くわす事はありませんし、
たまたま見かけるものでもありませんし、
運良くたまたま見つけたとしても、じっくり最後まで
観察しているってのも不自然な話ですし。

 

そういうわけで、今回はグランドピアノの納品の様子を
しっかり収めた動画をつくりました。

なかなか普段見れる作業では無いので
興味深くご覧いただけるのではないでしょうか。

 

 

こういったピアノの移動は引越し屋さんでも
していただけるそうなのですが、やはり安心しておまかせできる
ピアノ専門業者さんか楽器店にご依頼いただくのをおすすめします。

もし移動で不安がある方はいつでもお問い合わせくださいね!

 

平瀬楽器のLINEに登録してください♪
楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回お届け!

PCでご覧の方はこちらを
クリックしてください♪
The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - ピアノのこと