レッスン生の交流会っていいね!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

平瀬楽器では先日火曜日から兵庫三田ピアノアカデミーの
レッスン生の夏期講習がはじまっています。

夏期講習

塾などでよく耳にする夏期講習は毎日授業があって
長時間集中的に勉強するコースだと思います。

 

でも兵庫三田ピアノアカデミーの夏期講習は
そういった形とは少し違うのかなと思います。

普段はマンツーマンでピアノレッスンを受けている
生徒さん達の数名を組み合わせグループでレッスン室に
入ってもらいます。

レッスン自体はマンツーマンで指導を受けるのですが
自分以外のレッスン生にその様子を見られる、また自分も
他の生徒さんがレッスンを受けているのを見るという形です。

 

この形で夏期講習や冬期講習を始めて数年になりますが
このレッスン形態を始めてから受講生はどんどん上達している
なと感じます。

 

最初にスタートした時に私は、他の人のレッスンを聴いて
いる時間の方が長いけれど、小学生のお子さんは自分の
レッスンを受けるときに集中力が切れてしまったり、
飽きてしまわないのかなぁと思っていました。

でも実際始まってみるとマンツーマンでレッスンを受けて
いるより生徒さんは大きな刺激を受けているようでした。

 

自分よりも年上の方と組み合わせになるとレベルの高い演奏を
聴くことができます。また年下の方の演奏を聴くと
自分がこれまでに演奏したことのある曲などの指導を聴くことが
でき自身の振り返りにもなるようです。

交流会

さて中日の昨日は夕方から交流会を行いました。
今回の夏期講習に参加している生徒さんだけでなく
保護者やご家族も集まっていただきました。

 

特別レッスンを行っている音楽教室は他にもたくさん
ありますが、なかなか他の受講生と交流をもてる機会と
いうのはありません。

交流会では、軽食を用意しアカデミー生同士の交流を
深めていただきたいと思っていました。

 

小学生、中学生の子どもたちはすぐに仲良くなり
はしゃいでいました。その様子を見ていると
先ほどまであんなにレベルの高い演奏をしていた子ども
たちと思えないくらいの騒ぎっぷりでした。

また少し年上の生徒さんも最初は少し遠慮されていま
したが、他の保護者の方や先生といろいろなおしゃべ
りをし、楽しむことができたようです。

 

時にはライバルとして舞台に立ちますが、舞台を降り
れば同じように頑張っている仲間として励ましあえる
友になってほしいと思っています。

 

 

そんなきっかけの第一歩になったのではないかなぁと
思っています。

あと一日頑張ってくださいね~♪

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 考えていること