音楽もご飯もパーティーも経験重要

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日は夏期講習の交流会を行いました。
交流会っていいますが、簡単にいうと飲み会です。

食事を用意して、お酒やジュースを用意して
みんなでワイワイとお話しをする。それだけの会です。

けれども普段なかなか会うことがない人たちと
お話をするというのは、子供たちにとっても
おとなにとっても刺激のある事です。

 

皆さん「また冬ね~、また来年ね~」と
口々に言いながら帰路につかれました。

そういう言葉を引き出せたのは良かったなと
思っています。

 

●気になること

 

こういったパーティー等の進行をしていると
いろいろと気になることがあります。

例えばBGM。

やはり無音の中でお食事やお話をするというのは
結構しんどいものがあります。

 

そこで、どういうタイミングでどんなBGMを
かければいいのかっていうのは
結構考えたりします。

 

昨日の場合は乾杯の発声があってからすぐに
そこそこの音量でBGMがかかりだすと場の空気が
緩んだのを感じれたんです。

こういうのは披露宴なんかでも一緒ですよね。
これが1番心地が良くて、簡単に盛り上がる
使い方なんだと思います。

結局こういうのは経験なんだなぁと自分で
やりながら考えてしまいました。

 

●他にも

 

食事の量や出す順番なんかもそうですよね。

何でもかんでもどんどん出せば良いというものでは
ありませんし、良い状態で食べていただけません。

食事に造詣があるわけではありませんが、
どうせだったら楽しんでもらいたいという
目線で考えると、やはりいろいろ工夫するところが
あるのかなと思います。

 

●やってみる

 

この交流会のプランを最初に聞いた時は
なかなか大変なイベントだなぁと
思っていたのですが、もう3回も4回もやってると
すっかり慣れたものです。

 

やはり最初の段階で無理と言わず、
一度やってみてそこからまた後で直すということを
していくと少しずつ良いものができていくような
気がします。

 

まずやる。後で直す。

こういう感覚ってとても大事ですよね。

 

仕事でも趣味でも勉強でも全部一緒だと
思います。

 

少しずつ直していって昨日の形になった。

そしてまた直すところも見つかった。

そんなことを感じた交流会でした。

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - イベント屋