まずは楽しく!個別指導の平瀬楽器『音楽教室』

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

今日も暑いですね~。皆さん熱中症には十分注意してくださいね。
室内でも水分はこまめにとるようにしてくださいね。

嫌いにならないように

させ先日5歳の女の子の保護者の方から体験レッスンの
お申し込みがありました。

 

当店では体験レッスンを受講していただくにあたって
お子さんの性格や普段の様子などを事前にお伺いし
担当講師に伝えるようにしております。

お通いいただける時間も重要ですが、レッスン内容に
関してもできるだけご要望にそえるように内容を検討して
おります。

 

さて今回の体験レッスンをお申込みいただいた方は
すでに自宅で個人レッスンを行われている先生の
ところへ通っていらっしゃるとのことでした。

すでに習っていらっしゃるのにどうして当店に?と
思い、詳しくお伺いすると、そちらでのレッスン内容が
どうしてもお子さんの性格に合わない形でお悩みに
なられているとわかりました。

 

使っているテキストは絵がなく楽しくない。
拍子をとることがまだできないけれど
横で先生が手を叩いてカウントされることが
怖く感じるとのことでした。

 

幼児期は楽譜を読むことも数を正確に数えることも
お子さんによっては難しい年齢です。
もしかしたらこのまま音楽やピアノが嫌いになって
しまうのではと保護者の方は心配されていました。

 

いろいろな指導方法がある

日本では30~40年前は「バイエル」を使ってピアノを指導する
という形があたりまえでした。保護者の方にお話を聞くと
自分たちが子どものころは赤や黄色のバイエルを使っていた!
先生によく怒られた。怖かった(笑)などおっしゃられます。

 

しかしここ10~20年くらいで
様々な形のピアノ指導法が研究されてきています。

代表的なテキストで言うなら「ぴあのどりーむ」「バスティンシリーズ」
「オルガンピアノの本」などを使われたり「バイエル」を使った指導とは
違う形をとられているということです。

 

平瀬楽器の個人レッスンは市販のテキストを使用しますが
同じ先生が指導されても
生徒さんによって使用するテキストが違います
同じテキストで同じように指導しても
それぞれの性格により受け止め方が違うからです。

 

当店にこれまで通っていただいた生徒さんは
当店が音楽教室をスタートさせてから数えきれないくらい
いらっしゃいます。そんな生徒さんをこれまで指導された経験を
お持ちの先生方が、様々な工夫をしながらレッスンを進めて下さっています。

 

保護者の方にはまず事前にしっかりご要望をお話しいただき、
ご相談の上、以降は安心してレッスンに通っていただきたいと思います。

 

 

ただいま体験レッスンご希望の方にはたくさんの時間を
ご案内できるように講師にはレッスン可能時間を拡大バージョンで
調整いただいております。期間は7月末まで!

 

 

都合のいい時間はすぐに埋まってしまいます。
お早めにご予約下さいね!
お待ちしております。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 教室の様子