トークコンサートを聴きに行こう!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪
今日は郷の音ホールでピティナピアノステップを開催しました。

トークコンサート

今回のステップには当店で特別レッスンを行っていただいてる
東桂子先生がアドバイザーの一人としてお越しいただける
ことになりましたのでとしてにトークコンサートを行っていただきました。

東先生はトークコンサートの中で演奏する曲を選ぶとき
どんな人が聴いてくれるかを想像して選ばれたとおっしゃって
いました。
またテーマを決めて選曲するともおっしゃっていました。

確かにテーマがあると聴く方も何となくそんな気分になって
耳を傾けることができるのかな~と思いました。
また曲を練習するにあたってのアドバイスとして、
ピアノの楽譜上の注意や作曲家のことを勉強するという
ことは皆さん普段から行っていらっしゃると思います。
先生は曲をイメージする際、音楽やピアノ以外のところから
もたくさん勉強することができるということをおっしゃっていました。

その曲に関連する国のこと例えば料理や言葉も理解を深めるために
とても大切な要素とおっしゃっていました。
確かに楽譜に書いている音符だけではわかりにくいことを
写真や絵、言葉で知るともっとイメージを深めることもできますね。

もちろんまずは楽譜通りに弾くことが大切ですが、その次は
東先生がおっしゃったようにもっと視野を広げられるといいですね。

 

 

お昼のトークコンサート後、参加者のご指導の先生が
喜んでいらっしゃいました。

コンサートでプロの演奏を聴く

最近個人レッスンでピアノを習っているお子さんが
ピアノコンサートを聴きに行くということが
少なくなっています。

お友だちの発表会など同世代の方が演奏されるのを聴きにいかれる
ことはあるようですがプロの演奏家のコンサートは少し敷居が
高いのかもしれません。

 

今回のトークコンサートはもちろん生の演奏を、自分が弾いたピアノ
直筆メッセージをくださるアドバイザーの先生が弾いてくださる
というめったにないチャンスでした。

 

 

ステップによってはトークコンサートを実施しないこともあります。
先ほどの先生は出演された生徒さんにしっかり聴いてねと
おっしゃっていたそうです。
午後からももう1ステージ短い時間ですがトークコンサートがあります。
次のコンサートも楽しみですね。

 

皆さんももし次回のステップにトークコンサートが予定されていれば
またとないチャンスです。ぜひお近くの会場に聴きに行ってください。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - イベントレポート