英語に楽しく触れる

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。

こんにちは~♪

 

皆さんは日本語や漢字は得意ですか?

言葉を自然に覚える

パソコンやスマホで文字を打つことが多くなり、きれいな字を
書かなくなりました。
お客様の前でメモをとっている時、とっても簡単な漢字がわから
なくひらがなでしか書くことができなくて恥ずかしい思いをする
ことがあります。

 

でも漢字は書いてあるものは不思議と読めるんですよね。

 

細かいトメやハネまできっちり覚えているわけではありませんが、
日本語は多少難しい言葉でも漢字を見ればなんとなく意味がわかったりします。

それは小さなころから身の回りに日本語があふれているし
自然に日本語に触れる機会が多いからでしょうね。

 

では英語をはじめとする外国語はどうでしょうか。

楽しみながら自然に触れる機会

実際日本に住んで生活していると英語などの外国語が使えなくても
あまり困らないかもしれません。
特に私たちの世代の方は文法や英語を書いて覚えることばかりを
やっていたような記憶があります。(もしかしたら私だけ?)

 

でもたまにご来店いただいた外国人の方と何とか意思の疎通を
図ろうとしますが、自分の気持ちの中で腰が引けてしまっている
のを実感します。

 

なるべく英語に触れる機会を持とうとときどき
海外ドラマを字幕でみて英語を耳にするようには
していますが「英語を聴く耳」が育っていないので
しっかり聴き取るのはとても難しいですね。

 

教室に通っている子どもたちは割と気軽に英語を
楽しんでいるように思います。

 

この単語の意味は?と聞いても明確に答えてくれるわけでは
ありませんが「なんとなくわかっている」という感じです。

 

私も机に向かって勉強という方法ではなく楽しみながら
学んでいたらニュアンスがわかる程度には英語を習得できて
いたのかもしれないと思うともったいないな~と思ったりします。

 

これからの将来世界に羽ばたいてほしいお子さんたちには
勉強!というよりは「なんとなく」でいいので小さなころから英語に触れ
将来は誰に対しても積極的になってほしいですね。

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 英語教室, 子育て