打楽器を長持ちさせるためのヒケツ

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日はある吹奏楽団さんから打楽器に関する
お問い合わせをいただき、対応させてもらっていました。

 

 

●打楽器

 

打楽器と一言で言ってもいろんな楽器があります。

太鼓類、鍵盤類、そして交換音類(?)。

その中で今回話題に上がったのは
チャイムやグロッケンなどの
鉄でできた鍵盤楽器の類です。

 

 

●叩かないのが一番

 

打楽器の問い合わせがあったときに
よく使うフレーズなのですが、

 

打楽器を長持ちさせようと思ったら
叩かないのが一番!

 

だって、叩けば叩くほど傷むんですもん(笑)

 

 

でも、そうは言っても叩きます。

 

太鼓の類は叩くと皮が傷んできて、
ボヨンボヨンとしまりのない音になります。

 

グロッケンやチャイムなどの
鉄の楽器は叩けば叩くほど
摩耗していって音程がくるっていくんです。

 

じゃあ、また調整すればいいやんって
話なんですが、
鉄が摩耗したのを埋めるなんてこと
出来ません。

これはなかなかうまくいはいかないんです。

 

 

●チャイムの処分方法

 

じゃあ傷んだ楽器はどう処分したらいいんだ
という話になりまして、ちょっと調べてみると、

 

個人持ちのものでしたら街のクリーンセンターに
不燃ごみで出せるらしいのですが、
我々のような業者が捨てるとなると
産業廃棄物扱いになり、

そういったゴミを処理している専門業者さんに
処分をお願いしないといけない
ということになるらしいです。

 

 

これまでピアノやエレクトーンなどの
大型鍵盤楽器の処分というのは
手がけてきたことがあるのですが、
そういえば打楽器の処分
というのはやったことありません。

 

色々なところに電話をかけたりして
調べてみると、意外にもご近所の業者さんが
それをやってくれることが判明し、
そこからはトントン拍子。

 

ようやく見積もりなども作れるような
状況まで情報が整ってきました。

 

 

●ムリヤリネジしないで

 

全然別件ですが、本日つい先程まで
某スタジオに行ってドラムの修理をしていました。

ある部品のネジが全然効かなくなって、
太鼓がグラグラになってしまっていたんです。

それじゃ使いもんにならないですよね。

 

 

中を見てみるとなんてことはない
小さな小さな部品の不具合だったのですが、
これはなぜ起きてしまったのかというと、
力で無理やりネジを締めたから、なんです。

 

 

太鼓というと力でなんとかしようと
しがちですが、実際には思ってらっしゃる
よりもデリケートな楽器なんです。

 

打楽器を長持ちするのは叩かないこと!とまでは
いいませんが、長く保とうと思うのであれば、
力任せではなく丁寧に扱ってもらいたいな
と思います。

 

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 楽器のお手入れ