おとなになっても役に立つ経験

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

ブログにも書きましたが昨日は充実した楽しい日でした。

そして昨日参加したイベントへの帰り道、同じ楽団でかれこれ十数年間
いっしょに活動している友人と今日の感想を話しました。

 

笑顔がいっぱい!

私たちのパートには中学生の方しかいませんでしたが
午前中は合奏形態での練習でしたのでなかなか学生さんと
おしゃべりする機会がありませんでした。

 

しかし各パートごとの昼食でしたので食べ終わった後に簡単な
自己紹介タイムを設けました。すると練習中とは違いケラケラ
笑い転げる様子など目にすることができました。

 

 

やっぱりしっかりしているところもあるけれど、中学生はまだまだ
中学生なんだと思ったりも。

 

とにかく部活動が楽しくてしょうがないといった様子がうかがえました。

 

 

そしてイベントの開始、終了時の各学校の代表者のあいさつは
みんなが驚くほどしっかりしていて、まだ中学生・高校生なのに
あんなにきっちり人の前で話すことができるんだと感心してしまいました。

人前で○○は、仕事に役立つ

皆さんは人前で話をするように言われたら緊張しますよね。
私も友人も当然ですが緊張します。

 

でも友人は最近、吹奏楽団でソロを任されたりという経験すること
で人前で話をするときの気持ちにも変化が出てきたといっていました。

 

興味津々できいてみると

会社で偉い人にむけてときどきプレゼンをすることがあるが、以前は
人の前でしゃべるなんて絶対ムリムリと思っていた。でも吹奏楽団の
演奏会で何百人の前で一瞬のソロをミスなく演奏するプレッシャーに
比べたら、言い直しのきく日本語(笑)でしゃべる「プレゼン」は多少

言い間違えても言い直せるので平気だと考えられるようになった。
とのこと。ほんと確かにそうかもしれませんね。妙に納得しました。

 

吹奏楽団の活動はひとりで楽器を演奏するわけではありません。集団で
の活動ですからリーダー的な役割を必要とされる人もいますし、細かな
雑用的なことをやらなければいけないこともあります。もちろん周りの人
への気遣いも必要です。

 

大人になっても、楽器を、そして音楽を楽しむために活動を続けていますが
こういった活動は得るものが本当にたくさんあると再認識した一日でした。

 

楽器が演奏できるってほんとにいいですね。

もっとたくさんの方に音楽の楽しさ、楽器の楽しさをいっぱい
伝えることができるといいなと思います。

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 自分のこと