大切なこと「だから」繰り返す

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は車の運転中に、ある方の公演の録音を

聞いていてはっと思うことがありました。

かっこよく言うと「気づき」というやつです。

 

 

●お米屋さん

 

ある方というのはちょうどこちらでも https://goo.gl/6XjFB3

ちらっと書いているお米屋さんのこと。

 

彼がどこかで報告したものを譲ってもらいました。

何度も何度も繰り返して聞いているのですが、

彼の話に限らずこういうのって聞く度に

発見があるんですよね。

 

昨日は発見というか反省でしたけど(汗)

 

 

●新たな発見と反省

 

これはおそらく、その時々で気になっていることが

様々なので、同じ言葉でも引っかかるアンテナが

ちょっと違うんでしょうね。

 

だから昨日は昨日で新たな発見があった。

これからも何か新たな発見があることでしょう。

 

だからこういう公演の録音を聞くのが結構好きなんです。

生で聞くのももちろん好きなんです。

 

●何度でも

 

1ヶ月に一度というほどの短期間ではありませんが、

繰り返しセミナーなどに足を運ぶようにしている

先生がいらっしゃいます。

 

その方は割と最初から

 

「大事なことなので同じことを繰り返して話ししています。

同じことだなーと思ったとしても、

大事なことなのでそのまま聞いておいてください。」

 

みたいな前置きをしてから話し始めるのですが、

最初はそれはネタがかぶることを恐れるための

保険か何かだと思っていました。

 

でも、そうじゃないんですよね。

思うところがその日その時によって違うから

同じ話を聞いても浮かぶイメージが変わってくる、

そうおっしゃりたかったんだということに気づいたんです。

 

 

●生を聞こう

 

音楽業界で「生で聞く」と言うとコンサートになります。

 

コンサートの場合、

同じ曲でも演奏の仕方によっては

まったく違う印象で受け取られることが多いですし、

それをよくよく皆さんご存じです。

 

でも、これがセミナーとなると

「あの人の話はもう聞いたから」

みたいなことになってしまっていることが

少なくありません。

 

 

当店でもセミナーを定期的に行っていますが、

ピアノ指導者向けとは歌っているものの、

実は熱心な保護者の方も参加されていたりします。

 

 

で、たいていのセミナー講師は

同じことを繰り返して伝えようとしてくれます。

 

それを「同じことの繰り返しだ」と言ってしまうのか、

「大事だから何度も伝えてくれているんだ」と

思うのかでは

身の入り方がぜんぜん違うと思うんですよね。

 

 

セミナーに足を運ばれたことのない方は

ぜひ一度生の声を聞いてもらいたいです。

少なくとも初回はとても勉強になると思います。

 

勉強になったと思ったら

繰り返し足を運ばれることをオススメします。

 

さすがにまったく同じことをお伝えすることは

ないとは思うのですが、

何度も何度も身体に刷り込んでいく感覚で

大切なことを身に着けていく。

そんな感じでセミナーを利用して

いただければいいんじゃないかなと思います。

 

 

わたしはただの保護者だから関係ないよ、ではなく、

ぜひ一度各種セミナーにも興味を持ってくださいね!

 

 

 

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - レッスンについて, 考えていること