幼児期のお子さんは気が変わりやすい!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。

こんにちは~♪

先日、5歳の男の子とお母さんがレッスンの
お問い合わせにご来店されました。

好奇心旺盛なお子さん

以前からお電話で何種類かの楽器のレッスンについて
お問い合わせをくださっていた方でしたので
どんなお問い合わせをいただいていたか確認しながら
対応させていただきました。

 

当初は「バイオリンを習いたい!」とお子さんがおっしゃっていたが
、そのすぐ後に他の音楽教室でドラムの体験レッスンを受けられました。
その後は「ドラムが習いたい!」とおっしゃっているとのことでした。
ただその教室では小さなお子さんのレッスンを受付されていないとのことで
当店にお問い合わせいただいておりました

 

今回もお越しいただいたときにはてっきりドラムレッスンの事を
聞きに来られたと思いました。
が、お母様のお問合わせは「マリンバのレッスンってないですか?」でした。
残念ながら当店ではマリンバのレッスンを行っていないので
「申し訳ありません。レッスンコースがございません」とお断りしました。

 

その後もう少し詳しくお話を伺えればとお母様とお話すると
「先日から幼稚園で音楽会のためにマリンバ(木琴)をやり始めたので
今はマリンバがやりたいとお子さんがおっしゃるようになった」とのことでした。

 

新しいものに興味や関心がある好奇心旺盛なお子さんなんだな~と思いました

 

どうなってほしいですか??

おそらくお母様自身にも音楽経験があまり無いのかもしれません。

お子さんが興味を持たれたものを習わせてあげたい!と考えられて
いるようでした。
お子さんの意志を尊重して考えていただいているのはとっても
よくわかりました。

しかし、習い事を始めるというのはそんなに簡単なことでは無いと
私は思います。

費用面ももちろん検討するべきことですが
それよりも「お子さんにどうなってほしいか」
「どの様に成長して欲しいか」を考えてもらいたいと思いました。

 

そういったことを考えて、少し厳しく聞こえるかもしれませんが

 

「今のお子さんの様子ではどんな楽器を習われても長続きしません。
いろいろな楽器にとても興味を持たれる事、そして将来どんな楽器でも
できるように考えてみてはいかがですか。
そのためにまずは音楽の基礎的なことを学ぶ耳を育てる
「ヤマハの音楽教室」で学ばれるか、「ピアノ」を始められると
良いと思います。」

という内容のアドバイスをさせていただきました。

 

最初はあまりご理解いただいていなかったのですが
お帰りの際には「ピアノかヤマハのレッスンに通うことを考えてみます」と
おっしゃっていただきました。

 

実際にどうされるかはわかりませんが、お子さんが何かをできるように
なるためには必要なアドバイスだったと思っています。

 

幼児期は興味も関心も気持ちも変化するのが当たり前です。
子育て中のお母様はあまりお子さんの興味の変化に惑わされず、
ドーンと構えてお子さんを受け止め、いい道を示してあげてほしいと思います。

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - レッスンについて, 考えていること