一度やってみるのもいいですよ!

   

初心者のための音楽サービス専門店平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

3連休のなか日、どんな1日を過ごされていますか?

久しぶりに何かしよう

今日のお休みはどんなことをしようかと昨日は色々考えていましたが、
結局身の回りの片付けなどで半日が過ぎてしまいました。

 

そんな片付けの中でたくさんの独習テキストが目に入りました。

 

私の性格は、なんでも興味があってまず自分でやってみるタイプです。
反面、かなり気が変わりやすくて、飽きっぽいので長続きしないというのも事実です。

 

「自分でできる」「おうちでできる」と書いてある本があると興味津々。すぐさまその本を買って
実際にやってみます。ふむふむ、そうか!最初の1歩はスムーズに始まるのですが2歩、3歩と行ったあたりから
継続できなくて中断。完全にやめてしまうのではなく途中休止が長〜いとでも言いましょうか(笑)

 

ちょっと時間がある時、たまに今までやってみたことのあるもののテキストを引っ張り出して再チャレンジしてみることがあります。

3ヶ月ぐらい前のお休みには「消しゴムはんこ作り」を久しぶりにやりました。
めちゃくちゃ上手ではありませんが久しぶりにしては上出来でした。

でもネット通販などをしている友達と比べると作品的にはひどいものでした。

それなりに、とりあえず

先日、店頭に小学1年生くらいの女の子とお母さんがご来店いただきました。

お母さんがおっしゃるには「とりあえすご自宅でこの子が自分でみて弾ける楽譜(テキスト)が何か欲しい」とのことでした。
よくよく聞いているとピアノは習ったことがない、お母さんも弾けないとのことでした。

わかりやすい曲、知っている曲で書かれている簡単なピアノ入門者向けのテキストを探したのですが
なかなか思うようなものがありません。店頭でたくさん販売している本って、実はどれもピアノの先生が教えるために作られているテキストなんですよね。

 

どこかでピアノを習うことはできませんか?と伺いました。

しかし、本人が近所はイヤとのこと、でも遠いと送り迎えができない。

本人は、とりあえず家で楽譜をみてピアノを触りたいとおっしゃっているとのことでした。

 

結局、お子さんがよく知っている童謡がたくさん使われている初級者向けのコンサート曲集を見つけてご購入いただきました。

やりたいと言えないのかも

ギター、ウクレレ、大人のためのピアノなど独習シリーズのテキストにはCDやDVDが付いているものがたくさんあります。
しかしお子さん向けのピアノのテキストはCDやDVDがついたりしているものは実はほとんどありません。
習うことができないならせめてCD付きでわかるものを!と思ったのですが…。
本をみてCDを聞いてもきちんと内容を理解できるかどうか、年齢によっては漢字や言葉の意味がわからないこともたくさんあると思います。お子さん向けの本は大人の指導があることが前提でしょうね。

 

今回この親子は曲集を買って帰られましたが、
各家庭にそれぞれの事情があるかとは思いますので、無理にとは言えませんが、最初の少しでも習わせてあげて欲しいなと思いました。

 

実は私も子どもの頃、両親が働いている姿を見てピアノを習いに行きたいとは言えず
何かの楽譜をみてわからないままにピアノを弾く真似をしていました。

おかげでまずは自分で試してみるという性格になりました。
教えてもらわなきゃできないとは思わなくなりましたので、ある意味、いい教育だったかもしれません。
でもきちんと教えてもらっていれば、継続が身についていたかもしれませんね。

 

 

ちょっとやってみたいとお子さんがおっしゃられたら、環境的に続けられるかご不安はあるかもしれませんが
一度体験レッスンを受けてみて、お考えになられてはいかがでしょう。

 

通常と同じレッスンが20分間、わずか1,000円で受講できますよ!

ぜひお申し込みください!

 

 


☆体験レッスン&特別キャンペーン実施中☆

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 自分のこと, レッスンについて