待ってる間に宿題!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

 

平瀬楽器にはご兄弟でレッスンに来られている生徒さんがたくさんいらっしゃいます。

兄弟を連れて行ってもいいですか?

グループレッスンにご入会の保護者の方から
「下の子供をレッスンに連れて行ってもいいですか?」とよくご質問いただきます。

 

もちろん下のお子さんをお連れになることは大丈夫です。音のならないおもちゃを持ってきていたけますか。泣き出されたりぐずられた場合は落ち着くまで教室を出ていただくこともございます。ご理解くださいとお願いしております。

 

保護者の皆さんが安心してレッスンにお越しいただけるようにスタッフや講師も配慮をしております。ただ最近は、ご兄弟といっても上のお子さんが一緒に来られることが多くなってきました。

 

もちろん幼児以上~小学生低学年ぐらいまでのお子さんは最初のうちは一緒にレッスン室で過ごすことが多いのです。

 

レッスンがスタートして2~3か月が過ぎると教室の間取りやお店のスタッフにも慣れてきます。

レッスン室以外で待つ

ご兄弟のレッスンに付き添うだけの他のお子さん。おしゃべりできない教室でじっと待っているのはやはり退屈してくるようです。

 

最近は小学生のお子さんは待ち時間に学校の宿題を持ってくるようになりました。

 

ロビーの椅子を机代わりに宿題をしているお子さんもありますので、藤原台センターの教室の外には小さなお子さんにぴったりの低めの机と椅子を用意、三田センターは1階の一部に机と椅子を置いて作業ができるスペースを設けています。

 
そんな風にお兄ちゃんやお姉ちゃんが宿題をしているのを見て、ほかのレッスン生やお子さんも影響を受けるようになりました。

よい影響

よい影響というのは言い過ぎかもしれませんが、小さなお子さんはお絵かき、ほかの生徒さんは入れ替わりで宿題を片付ける様子が見られます。

 

静かにできる遊びをその場所でやってくれるようになりました。
中には少し早めにきてレッスン開始までの時間やレッスン後のお迎えを待つ間に宿題をしたりしているお子さんも。みんな時間を有効活用するようになっています。

 

大きな声で騒いだりお店内を走りまわったりということも以前に比べるとほとんどありません。
お店の商品で勝手に遊ぶということもなくなりました。
「ここで○○しないでください」の(張り紙)より「ここで○○しましょう」がいいんだなと改めて思いました。

 

 

 

暑い夏休み、平瀬楽器でピアノの練習と宿題しませんか?

詳しくは↓

 

★☆★☆毎年大好評!【平瀬楽器のピアノ解体ショー】☆★☆★

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 教室の様子