レッスンが続く!意欲的になる!接点と仲間の必要性

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨夜は同窓会のようなノリの飲み会に行ってきました。

 

●接点

 

同窓会といっても学校のではなく、所属している

経営者団体の同年代の仲間なんです。

なので、兵庫県内の経営者で同い年という接点は

ありますが、それ以外はほぼ何もなし。

 

業種も地域も組織の大きさも、全然違います。

でも、たったひとつ「同年代」というだけで、

このつながりがぐっとおもしろいものに

感じられるんですよね。

 

 

●それだけでおもろい

 

この同窓会は次回そして次々回と日程が

決まっています。

そしてこれからやるべきこと目標も決まりました。

おそらくこれから定期的に会っていく

仲間になるんだろうなぁと思います。

 

みんな忙しいのに時間を工面して集まる理由は

単純におもしろいから。それにつきます。

 

集まるからおもしろい。おもしろいから集まる。

とっても単純で大切なことですよね。

 

 

●横のつながり

 

当店の音楽教室で長く指導していただいている

ある先生は、上手に保護者同士や兄弟同士の

つながりを作り、発表会やコンクールなどで

活躍をされていました。

 

といっても本番のときにだけ声をかけて

集まるのではなく、日々のレッスンでも

ことあるたびに連絡を取れるような環境を作り、

互いが互いを励まし合ったりしている

様子をよく見受けられます。

 

また、フルートの先生方は門下を伸び越えて

合宿を行ったり、コンサートを行ったりしています。

そこで出来る新たなつながりが刺激に

なっているようです。

 

 

 

●ひとりでレッスンしてるんじゃなく

 

どうしても楽器の個人レッスンは

先生と生徒さんだけの世界に

なってしまいがちです。

 

出来ないことも1人で抱えてしまい、

最後にはレッスンや楽器のことを嫌いに

なって辞めてしまう、みたいな不幸なことも

おこってしまわないとも限りません。

 

そんなときに力になるのが横のつながりであり、

仲間の存在なのです。

 

 

たとえばヤマハ音楽教室では、保護者の

つながりをとても重要視します。

 

レッスン以外でも会ってお茶したり、互いの家を

行き来しているようなグループは、

自然と演奏レベルも上がっていっています。

 

こういう姿を見ていると、

やはりコミュニケーションというのは

非常に大切なことなんだろうなと思うんです。

 

 

●個人レッスン

 

でも、普通の個人レッスンでは

常に生徒と先生のやり取りのみ。

そこをうまく他の生徒や他の保護者と

つながりを作ることができれば、

もっともっと意欲も向上するかも

しれませんし、レベルだって上がる

かもしれません。

 

なにより、

「ピアノ(楽器)のレッスンがおもしろい!」

と思うきっかけになるかもしれません。

 

接点はたったひとつでかまわないんです。

同じ門下、同じテキストを使っている、

同じ楽器をやっている、などなど

 

そのほんの小さな接点から仲間を広げ、

今やっている活動に自分自身がおもしろみを

持つことができれば、それが最高かなと

思います。

 

同窓会行ってこんなことを思った次第。

ね、仲間を作りましょう!

 

 

 

★☆★☆毎年大好評!【平瀬楽器のピアノ解体ショー】☆★☆★

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - レッスンについて