日常のやり取りで成長をサポート!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。

こんにちは~♪
先日3歳の姪っ子に「ありがとう」って違う言い方したら「おおきに」なんだよ。と関西弁を教えてしまいました。

耳と記憶力は抜群!

小さな子が「ありがとう」じゃなく「おおきに!」って言ったらかわいいかなと思ってちょっと言わせてみたかっただけなんですが・・・。
でも何度かありがとうというタイミングがありましたがなかなか「おおきに!」とは言ってくれませんでした。

 

でもその日の夕飯の時に嬉しそうに「おおきにってありがとうなんだよ」って言ってるんです。よく覚えてるな~と感心しました。

数時間前に遊びでいったことを覚えているんですよね。記憶力の良さにびっくりしました。

 
ありがとうなど保育園などみんなで挨拶する言葉は標準語のような感じですが、よくよくしゃべっている言葉を聞いてみると基本的に関西弁なんですよね。やはり周囲の大人の言葉をいつの間にか聞いて覚えているんだなと思いました。

子供はスポンジのようにどんどん吸収

子供は他にもいろいろなことをどんどん吸収しています。

 

よくおとなのしゃべっていることをいつの間にか覚えて、おままごとに取り入れている事が多いですよね。

 

先日、4歳の生徒さんが折り紙で使ったハサミを返却に来てくれましたが、その時「刃先」をこちらにむけて渡しました。「ありがとう」と言いながら受け取りましたが「今度から丸い方を人にむけて渡してね」とお願いしました。

 

そうすると2回目にハサミのやりとりをした時はきちんと向きを考えて渡してくれました。

まずは見守って、ほめよう!

子育てはこちらの思い通りにはいかないことが多いです。ご自身でやると言って失敗してしまうこともたくさんあります。

レッスンでも保護者の皆さんにお願いしていますが、まずは見守ってあげてください。そしてできたことをほめてあげましょう。

失敗したことやまちがったことは次にどうすればいいのかを指示してあげればきっとできるようになっています。

そうすることでまっすぐな子が育ってほしいと思っています。

 

平瀬楽器では、生徒さんとのレッスン前後のちょっとしたやり取りを通して、お子さんの成長を見守っています。

 

 

 

☆平瀬楽器 音楽教室 体験レッスンキャンペーン実施中!☆

体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 教室の様子