言葉の成長をお手伝い

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。

こんにちは~♪
平瀬楽器の教室では生徒さんとスタッフや講師がやり取りするなかで大切なこと伝えて欲しいといつも言っています。

すべてのはじまりは「あいさつ」

その中でまず大切なことは「あいさつ」です。

 

「こんにちは。」「よろしくお願いします。」「ありがとうございます。」の言葉は礼儀としてきちんと言えるようになってほしいと思っています。

 

現在、将来において、人とのかかわりを持つ上で重要なことだと考えています。自分のことを伝える、相手のことを理解するコミュニケーションの第一歩です。

来店時、レッスンの開始前と終了時の挨拶は欠かさず行っています。

 

 

そしてもう一つ大切に思っている事があります。

言葉の成長

それは言葉の成長です。

 

小学生になるまでのお子さんは単語でお話しすることが多いです。

 

よく「おしっこ!」「トイレ!」とあわててい走っていく様子も見られます。

また折り紙をしているときに、スタッフのところにきて「ハサミ」「のり」といいます。もちろん言いたいことはわかりますので小さなお子さんの場合はそのまま渡します。

 

でもいつまでもそのままではダメなので状況を見て「ハサミ?これをどうしたらいい?」とききかえすようしています。

 

そうすると「ハサミ貸してください」と言ってくれます。最初は何をきかれているのかわからなかった子も何度かやり取りするうちに言えるようになります。

ちょっとしたスタッフとのやり取りで「正しい言葉遣い」ができるようになっています。

 

 

保護者の皆さんにとってお子さんとのやり取りは毎日のことです。すべての言葉に注意をしていくことは難しいと思います。

「おはよう」から「おはようございます」
「ありがとう」から「ありがとうございます」

生徒さんひとりひとりが言葉を丁寧に使えるようなるために教室に来ていただいた時だけでもお手伝いができればと思います。

 

平瀬楽器では講師・スタッフが保護者の皆さんと一緒にお子さんの成長をお手伝いし見守っています。

 

 

☆ヤマハ音楽教室・ヤマハ英語教室 春の無料体験レッスン実施中!☆

平瀬楽器の体験スケジュールはここをクリックしてください!

 

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 教室の様子