講師もまだまだ勉強します!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。

こんにちは~♪

 

皆さんは日々何かを学ぼうとしていますか?

学ぼうとすること

お子さんの場合、毎日学校に行って勉強しています。どんどん新しいことを学ぶ機会があります。
今日はこれを新しく覚えたよ!と意識しながら日々過ごしている子どもさんはあまりいないのではないでしょうか。
それは新しいことを覚えるのが当たり前になっているからです。

 

では大人の方はどうでしょう。
毎日の生活、仕事や家事に追われ新しいことを学ぶ機会を失っている方が多いのではないでしょうか。

 

確か1年の始まりには「あれがやりたい」と考えていたのにふと気がつくと1年過ぎてしまっていた。
なんてことはよくある話です。

 

今日、講師の一人が最近ピアノのテキストで使い始めたものがあるんだけれど、そのテキストの勉強をするのにインターネットでできるようになっていて、すごく便利になった!とおっしゃっていました。

 

それを聞いて少し驚きました。永年色々な指導をされている講師です。ある程度自分の中で指導に関してカリキュラムを作っていらっしゃると思うのです。
一般的に考えると講師の皆さんはある程度のキャリアを積まれると新しいテキストを勉強し直したり、指導法を考え直すということはあまりされないと思っていました。

 

でもその講師は今まで使っていなかったテキストを調べて、勉強し、生徒さんにもっといい指導方法はないかということを日々研究していらしゃったのです。

 

もともと生徒さんへの対応も評判の講師ですが、日々指導法の勉強したり、研究したりということをやめないその姿を見て
ますますその講師のことが好きになりました。

レッスンに求めるものが変化している

その講師と使っていらっしゃるテキストなどについて少しお話をしました。
すると生徒さんは一人一人性格も生活環境も違うのでそれぞれの生徒さんにあう指導方法や声のかけ方は毎日が工夫の連続。
でもそれをやって生徒さんや保護者の方が笑顔でレッスンを受けていただける、安心してレッスンにきていただけるようになればとても嬉しいし、今後の自分のレベルアップにもなるからとおっしゃっていました。

 

確かに時代が変わるのと共にレッスンに対する価値観や求めるものが違ってきています。
「昔はピアノの先生が怖くて途中でやめました。」「自分が習っていた先生には 違う!と言って手を叩かれたことも」なんておっしゃる保護者の方もいらっしゃいます。
でも今はまずは音楽を楽しめるレッスンを求められています。

 

そういう時代の変化にきちんと対応し、生徒さんや保護者のニーズにあった指導方法は毎日の学びを意識することでできるんでしょうね。

 

今日は改めてそんな講師が当店にいらっしゃることを実感し、また嬉しく、誇らしく思いました。

 

 

もちろん当店で指導していただいてる他の講師も研究熱心な方がたくさんいらっしゃいます。

そんな講師の指導を受けて見たいと思われた方はぜひ体験レッスンにお越しください。

ご予約・お問い合わせは
平瀬楽器三田センター 079−563−3600
平瀬楽器藤原台センター 078−981−3510
までお電話ください。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - レッスンについて