「だましだまし」はダメなのです

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は某スタジオに月一回の定期メンテナンスに伺ってきました。

 

●諸行無常

 

諸行無常ではありませんが、形あるものはいつか壊れます。

どれだけ丁寧に扱っていたとしても、です。

 

特に打楽器とかの場合は非常にわかりやすくて、

大切にしようと思うと叩かないのが一番なんですが、

さすがにそういう訳にはいきません(笑)

 

昨日伺ったスタジオにもいろいろな機材が

置いてあるのですが、いつもひっかかるのは

ドラムなんです。

昨日もドラムの色んな部分がおかしなことになっていました。

 

 

●壊れたことがわからないことが問題

 

ここのスタジオは公立のスタジオでして、

店番をしている人たちは音楽とは

まったく関係のない方々ばかり。

 

一応日々の管理はしてもらってはいるものの、

楽器の調子がどうということはご自身では

見ることが出来ません。

そのため月に一度ではありますが、

メンテナンスという名目でお伺いしているんです。

 

 

ここで一番問題になっているのは、

壊れそうとか壊れた、ということが

わからないことなんです。

 

たまたまお伺いしたタイミングで見つけることは

あったとしても、その翌日から調子が悪くなって

しまったら、次に伺うのは一ヶ月後。

すぐに対応していればなんとかなったかも

しれないのに、1ヶ月放置したためにスリ傷程度では

済まなくなったということは1度や2度ではありません。

 

やはり、定期的な手入れやプロの目って重要なんですよね。

 

 

●パソコン壊れた

 

実は2日前くらいから自宅で使っているパソコンが

起動しなくなってしまいました。

ずっと前からなんとなく調子が悪いなぁと

だましだまし使っていたのですが、

この日突然ダメになってしまいました。

 

 

そこですぐパソコンの修理をやっている先輩経営者に

連絡を取って症状を説明したところ、

 

「だましだまし使ってたのがあかんかったなぁ」

 

と一言。

 

 

やっぱりそうやったんやー、と深く深く反省をしました。

修理代、高く付きそうでショックです(汗)

 

 

●やっぱプロに相談

 

結論から言うと、スタジオの楽器もパソコンも、

おかしいなと思った段階で使うのを一旦止めて

プロに相談するべきだったんです。

 

どっちにしても修理対応だったかもしれませんが、

もしかしたらちょちょいと手をいれるだけで

状態が良くなったかもしれません。

 

やっぱりこういう時ってプロの目、

プロの手って重要なんですよね。

 

自分はなんとなくわかっているから大丈夫って

いうのは全然大丈夫じゃないです。

 

普段使っているギターやピアノやトランペットなどが

なんかおかしいなぁと感じられたら、

なんともならなくなる前に、我々にご相談くださいね!

 

パソコンのことはわかりませんが、

楽器のことならおまかせください!(笑)

 


☆体験レッスン&特別キャンペーン実施中☆

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 楽器修理