「当たり前」って大切!

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は社労士さんとの打ち合わせがあったのですが、

そこで感じたのはやっぱり基本的なことの大切さでした。

 

●働く環境つくり

 

打ち合わせはスタッフの働く環境について。

これまではパートさんアルバイトさんばかりの

職場だったのですが、社員としてきてもらうことに

なった新人ちゃんのために、できるだけ働きやすい環境を

整えたいなという思いがあったので、

専門の方の助言を貰おうと思ったのがキッカケでした。

 

 

●知らないことばかり

 

その打ち合わせの中で、色んな話が出てきました。

「たとえばこういうことは?」

と聞くと、法律的にOKかNGかを即座に答えてくれます。

 

専門職なので当たり前といえば当たり前なのですが、

そこらへんがすごくおもしろい。

 

働いてもらうこちらの気持ちもありますし、

働いてもらう人の気持ちもありますし、

どちらかを立てればどちらかが立たず。

なかなか両方を一気に解決する方法って

見つからないんですよね。

 

でも、こういうお話をしながら、

本当に何も知らないまま仕事をしてきたんだなぁ

ということに気付かされました。

 

 

●まずは知る努力

 

その社労士さん、打ち合わせの冒頭にも途中にも

こんなことを挟んできたんです。

 

「ここではドラムのレッスンはやっていますか?」

 

「月に何回くらいやっていますか?」

 

などなど

 

 

どうやらドラムがやりたいご様子(笑)

ちゃんと打ち合わせ終了後に体験レッスンの

お申込みをいただきました(笑)

 

 

でもさすがだなぁと思ったのは、

こういうことを尋ねた後にささっと

手帳にメモをする姿なんです。

 

 

知らないことを聞くという作業は皆さん

自然とされるのですが、

それを一過性の「聞くだけ」に終わらずに

きちんと記録をし、次に活かそうという

姿勢が見えたのが印象的でした。

 

よーするにせっかく教えてもらってても

流しちゃもったいないってことですよね。

 

 

●やっぱりプロに聞こう

 

昨日のパソコンのトラブルでもそうだったのですが、

やっぱり何かあったときには独力で

何とかするというよりは信頼できるプロに

尋ねたほうがいいに決まっています。

 

時間も節約できますし、理解も早いと思います。

何よりその場で疑問が解決するのは

精神的に気持ちがいいですし、

最終的なスピード感が違ってきます。

 

楽器の修理は楽器屋さんに、

演奏については各講師に、

働く環境については社労士さんに。

当たり前といえば当たり前なのですが、

そんな当たり前を改めて感じた数時間でした。

当たり前って大切。

 
 


☆体験レッスン&特別キャンペーン実施中☆

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 未分類