いつの間にできるようになったの?

      2020/03/24

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

 

昨日は姪っ子たちと一日過ごしました。

遊びながら歌いながら

まずは朝から近くの公園へ!やはりコロナの外出自粛と3連休ということで公園には
たくさんの親子がはやくから遊びに来られていました。

 

いつもなら公園で自転車に乗って遊ぶのですが、さすがに人が多く危ないので
自転車はやめて遊び始めました。

遊びながら6歳の姪っ子がとなりのトトロの「さんぽ」を歌い始め、甥っ子も私も
一緒に歌っていました。
でも途中で急に姪っ子だけはドレミで歌いはじめたので耳を傾けていると
きっちり最後までドレミで歌いきったんです。

 
私は楽譜を見ないとドレミで歌っていても合っているかわからないので
スマホで楽譜を調べてみると・・・ドレミがあってるんですよね。驚きました^_^;

 
ここ1か月、ヤマハのレッスンが休講になっているのでいつもならピアノの練習やってなかったら
外に遊びに行けないよ!というのですが、ここ数日は何も言わなかったんです。

でもいつの間にか習っていない「さんぽ」をドレミで歌えるようになっていたんです。

自分で好きな曲をやってみた

なんでさんぽをドレミで歌えるの?ママに教えてもらったの?それとも保育園で練習しているの?
と尋ねると

「違うよ~自分で見つけたの!おうちにある緑の本で覚えたんだよ~♪」

 
なんとキーボードの取り扱い説明書などと同梱されいてる楽譜集から
自分で好きな曲を見つけて練習していたそうです。

 
半年前までは五線の音符を見ても「何の音?わからない!」言っていました。

 

だから、いったい何歳になったら自分で楽譜を見ようという気になってくれるのかなぁ、
やっぱり楽譜っていつまでもわからないのかなと心配していました。

 
今日は自分で好きな曲を弾いてみたいという気持ちが芽生えたこと、
そして弾けるようになるためにちゃんと練習していんだということに気がつくことができました。
いつの間にか!と驚きましたが成長していますね。

 
あと約1週間で4月、そして小学生になる子どもたちってすごいスピードで成長してます。

せっかくの成長を見逃さないようによく見ておきたいです。
さあ明日からもいろんなことが楽しみです!

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 子育て, 考えていること