【お悩み相談】うちの子これでいい?

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

今朝はすごい雨が降りましたね。三田市や神戸市に警報が出なくてほっとしています。

お悩み・ご相談

さて、毎日お子さんと向き合っていらっしゃる保護者の方にはいろいろな悩みが次から次から出てくると思います。

今日は保護者の方からのレッスンに関していただいたご相談にちょっとアドバイスしたいと思います。
まずは元気いっぱいの5歳の男の子を連れてレッスンに通っていただいているお母さん。

●うちの子はやる気はありレッスン中もノリノリです。でもふざけたり悪ノリするので困っています。
確かにレッスン中、ふざけたりしてしまうことがありますね。ふざけることで周りの皆さんや先生が注目してくれるのがうれしい、声をかけてもらえるのがうれしいからだと思います。

 

またお子さんは男の子です。他のクラスのメンバーより少し幼く感じるかもしれませんが、この時期、女の子は精神的に成長するのが男の子より早いといわれています。ですからお子さんは幼いのではなく年相応だということです。

 

少しぐらいの悪ノリは許容範囲です。どうしても気になるようなら先生と相談してどちらか(先生かお母さん)が注意する日を決めてはいかがでしょうか。
レッスン内での注意は同じタイミングではお母さんか先生のどちらかがする方がいいと思います。

 

ふざけているのは気になると思いますが、お母さんしかめっ面をせずに笑顔で接してみてください。そしてふざけていない時、歌や演奏がきちんとできた時に思いっきり大げさに褒めるといいかもしれませんね。

 

お子さんはお母さんの笑顔でどんどんやる気が出てきます。

 

練習をまとめてしてもいいの?

お仕事が忙しいお母さんから
●いつも帰ってくるのが遅かったりして練習は1週間分まとめてしています。今5歳ですがこのままでもいいのでしょうか?
確かにきちんと弾く練習はお母さんが付き添えるのは1週間に1~2回でも仕方ないかもしれません。でもCDを聞いたりDVDを見たり、そして歌を歌ったりと楽器がなくても、移動中でもできることがあると思います。

 

また5歳くらいのお子さんは、弾く練習をしたすぐにはできなくても、ある程度イメージができていれば次のレッスンや1週間後にはできるようになっていることが多いです。

どんな形でもいいのでいつも音楽を身近に感じられるように少し工夫してみていはいかがでしょう。
このアドバイスは長年のスタッフ経験と保護者の方からのいろいろな工夫をもとにご案内させていただいています。

すべての方にあてはまるわけではありませんがいろいろ試してみてくださいね。

 

 


☆体験レッスン&特別キャンペーン実施中☆

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 教室の様子