ピアノの弦って切れるの?切れたらどうするの?

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます。

 

昨日はピアノの先生のお家に弦の張替えに伺ってきました。

 

●ピアノ線?

 

ピアノの弦ってご覧になられたことありますか?

 

工作で使う「ピアノ線」と呼ばれるものと

いっしょくたにされる方が多いのですが、

実は「ピアノ線」と「ピアノの弦」は

まったく違うものなんです。

 

「ピアノ線」というのは細いワイヤーで、

いわゆる番線とよばれる針金の仲間です。

 

この辺りについては明るくないのですが、

「ピアノ線」というのはおそらく通称で、

正式な名称が別にあるんじゃないかなぁと思います。

 

 

●切れません

 

で、一方「ピアノの弦」というのは

炭素鋼で出来たスチールワイヤーです。

太いものから細いものまでありますが、

一番細い弦で200kgの重みに耐えると

いいますから、基本的に引っ張っても

叩いてもなかなか切れるものではありません。

 

 

しかし、不思議なもので、この世には

ピアノの弦を切る人というのが存在するんです。

 

昨日伺った先生もその「切る人」の1人です。

 

 

すごく強いタッチでピアノを叩くわけでもなく、

普通に弾いているのに切るんです。

それも自宅のだけじゃなく外でも切っちゃうんです。

 

弦の振動とかを考えると理屈があるのかも

しれませんが、とにかく一部の人が切るんですよね。

逆に言うと、切らない人は下手をすると

一生切りません。経験しない人も多いんです。

 

 

●張弦

 

で、弦が切れたらどうするかというと、

新しい弦を張り替えなきゃいけないわけです。

この弦を張り替える作業のことを

「張弦(ちょうげん)」といいます。

 

 

作業的にはギターとかウクレレとか

ヴァイオリンとかと同じような考え方で

行うのですが、唯一違うのは弦の太さや

強さがぜんぜん違うということと、

専用の道具がいくつか必要だということ。

 

ギターなどの弦楽器は奏者が弦交換を

行いますが、ピアノについては専門的な

教育を受けた調律師しかできない

作業です。

このあたりは調律と一緒ですね。

 

 

 

●いつでもどうぞ

 

弦が切れると、その弦にかかっていたテンションが

周辺に分散され、バランスが崩れます。

バランスが崩れるとどうなるかというと、

周辺の音がくるったり、周辺の弦が

切れやすくなったりします。

 

なので、切れたらなるべく早く張弦をして、

状態を安定させなければいけません。

放置すればするほど楽器にとってよろしくないんです。

 

 

当店では一般的なピアノの弦については

いつでも調弦できる体制を整えています。

 

もし切れてしまった際にはなるべく早くご連絡ください。

迅速にお伺いし、原状復帰させてもらいます!

 


☆体験レッスン&特別キャンペーン実施中☆

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 調律のこと, ピアノのこと