居場所はありました。

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

 

最近忙しくてプライベートで続けている吹奏楽の
練習に参加できていません。

出演はあきらめていました。

例年春には定期演奏会、夏には吹奏楽コンクールなど
各イベントを目指して楽団の活動に参加していました。

 

いよいよ来月にはいろいろな方から毎年楽しみに
していますと伺うクリスマスコンサートが予定されています。

 

 
実は私は、今年仕事や自己研鑽の勉強などやりたいこと
やらないといけないことが多くあり、吹奏楽団の活動
特に練習参加をかなりセーブしていました。

 
もっともセーブしたというよりも、みんなで集まる
合奏練習の時間にほぼ参加できないことがわかっていましたので
遠慮している部分もありました。

 

 
また普段の練習に参加できない自分が急に入って
ぐちゃぐちゃにしてしまったらどうしようという不安に加え
毎回きちんと練習に参加している人にとって都合のよい時だけ
参加する人って嫌じゃないのかなと勝手に想像しています。
もちろん楽団のみんなで楽器を演奏するのはとても楽しいことなので
やりたい気持ちはあります。

やりたいけれどできない、邪魔したくないというジレンマを
強く感じていました。

生徒の保護者の方からアドバイス

しかし先日エレクトーンフェスティバルに再結成して
出演されたグループの保護者の方からこんなことを聴きました。

「うちの子たちは一時期、メンバーの一人が出られない時が
あったけれど、その時も邪魔だなんて思っていませんでしたよ。
むしろ戻ってきてくれるのをずっと待っていましたよ。
きっと楽団のメンバーも待ってるんじゃないですか」と

 

 

 
そんな会話をした数時間後にタイミングよく、なんと楽団の
メンバーから「練習参加少なくてもいいからヘルプしてください。
数曲だけでも一緒にコンサートに出ましょう。いや出てください!」と
連絡をいただいたんです。

 
連絡をもらってとてもうれしかったです。
演奏には不安がありますが、自分は必要とされていると感じることもできました。

 

 
それにしてもさすが長年当教室に通ってくださっている保護者の皆さんです。
グループレッスンで子どもたちの様子をしっかり見守って
いらっしゃったからこそ「遠慮している人」「待っている人」
というお互いの気持ちをご理解いただいているんだなと思いました。

 

私も楽団のメンバーの気持ちになって考え、もっと
コミュニケーションをとれればよかったんでしょうね。

 
コンサートまであまり期間はありませんが、精一杯頑張りたいと思います!

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 自分のこと, 考えていること