良いところを伸ばす!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

今日はお子さんの良いところを伸ばす方法を
お伝えしたいと思います。

ポイントで褒める

常に心掛けてほしいのは褒めること。
よく「すごい、すごい」とお子さんができたことを
言って褒めたような気持ちになってしまいます。でも
お子さんは下手をすれば何がすごいのかわからないまま
「すごい!」と言われ慣れてしまいます。

 

 

1歳~2歳までのころはもしかしたら言葉の意味を分かって
いないかもしれませんが「○○ができてすごいね」と
どこを褒めているかわかるようにしてみてください。

 

ジャンプができるようになったらジャンプすることを
褒めるのではなく「おっきくジャンプできたね。すごい!」
といった感じです。

自分で考えるて伝える力を

そしてある程度会話ができるようになったら
はい、いいえで答えられるような質問ではなく
物事に対してどうだったか、どう思ったかを問いかけ
説明を聞くようにしてあげるといいと思います。
最初のうちはとっても時間がかかります。
でもだんだん相手に伝えるためになんといったらわかるかを
考えるようになると思います。

 

「テレビ見る?」ではなく「なんの番組見る?」という
具合です。

 

 

2歳数か月の甥っ子は最近「アンパンマンのテレビ見る」と
いうので「アンパンマンの何を見るの?」と問いかけると
ちゃんと題名を言ってくれるようになりました。
(ただ「○○じゃなきゃイヤー!」と言うのですが
言葉がまだはっきりしないので何を言っているのか
わからなくてかなり困りますが(汗))

 

何度か聞き返すとだんだん相手に伝わるように
ゆっくりしゃべったり一瞬考えて話をするように
なってきています。
またきちんと伝わったら「○○って言ったのね。
よくわかったよ。」と褒めるようにも心掛けています。

 
教室に来られる小さなおこさんに対しても
ご家庭での本当の様子はわかりませんが
同じように接しています。
「えっと、あのね、それでね。」となかなかお話は
進みませんが根気よく耳を傾けています。

 
保護者の皆さん、ぜひ教室に来たときはスタッフと
お子さんの会話する様子をそばで見て楽しんでみてください。

☆兵庫三田ピアノアカデミー第6期生の皆さんによる
修了コンサートが2月10日に開催決定!

只今チケット好評発売中です!

 

 

平瀬楽器オリジナル春のキャンペーン実施中!くわしくはHPをご覧ください!

平瀬楽器のLINEに登録してください♪ おとなのケンハモ体験会開催します!

楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回
お届けします!

PCでご覧の方はこちらを クリックしてください♪

子供の楽器から大人の鍵盤楽器へと
進化した鍵盤ハーモニカの可能性に
触れてみませんか?
体験会参加者募集中です!

詳しくはこちらを
クリックしてください♪

鍵盤ハーモニカのクリーニングはこちらをご覧ください

 

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 子育て