節目のお礼

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

今日は少しいい天気ですね。
空気は冷たいですが日差しが暖かいので
外を歩いていても少しホッとします。

ご挨拶

先週、今週と年末の最終レッスンは
生徒さんや講師の皆さんと共に
あっという間でしたね~とこの1年間を
振り返っていろいろなことを思い出します。

 

先ほどもある生徒さんが先生に
「もう10年ですよ~本当にお世話になりました。」
と言って素敵なフラワーアレンジを
プレゼントされていました。

「また10年後にお礼のお花を贈りたいので
先生よろしくお願いします」とも
おっしゃっていました。

 

なかなか毎週のレッスンではあらたまった
ご挨拶をする機会がありません。

 

今日はそばで見ていてとても気持ちのいいひと時でした。

礼を尽くす

音楽なども含め何か習い事をしていると発表会や
イベントの際に指導してくださった先生への
お礼という習慣があります。

 

お礼はいくらしたらいいのでしょう。お花は?
と時々、受付スタッフにお問い合わせされる保護者の
の方がいらっしゃいます。

 

受付のスタッフの立場からいうと、お花をプレゼント
するのもお礼を渡すのも、お月謝を払って受けている
習い事に対して本来は不要なものと考えてもおかしくは
ありません。

 

 

しかしこれまでの先生とのお付き合いを考えると
金額でどうこう言うものではなく、気持ちの問題です。
あらたまったお礼が言える機会と考えてはいかがでしょうね。

 

また習い事というのは技術だけを学んでいるのでは
ありません。人と人とのお付き合いも一緒に学んでいる
と考えるといいでしょうね。

 

 

今後も人と人のかかわりを良いものにする習慣として
お子さんにもわかる、できるお礼を考えてみては
いかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 考えていること