失敗して悩んで振り返って・・・子育て

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

世の中のお父様お母様そしてご家族の
皆さん、子育て真っ最中には悩みがつきませんよね。

個々の生徒さんの様子を知る

先日当店でヤマハ音楽教室の指導を担当している
講師と生徒さんへの対応でいろいろ相談していました。

 

レッスン中にダラダラしてしまってきちんとできないとか
お家で自分から練習してくれないというような悩みを
保護者の方からはたくさん伺います。

 
受付スタッフはレッスン中の生徒さんの様子を
すべて把握できるわけではありません。

 
でも講師と受付スタッフで連携して保護者の方を
サポートできる体制をつくるためにも個々の生徒さんの
様子を伺い、それぞれどんなアドバイスをするか
などきちんと打ち合わせをしておく必要があるからです。
生徒さんのことを保護者の方や講師からきくと
ご自宅での様子とレッスン中の様子は全く印象が
違うことがよくあります。

 
お子さんは保護者の方がそばにいるから安心して
レッスンを受けているといういい点もありますが、
保護者の方がいるから甘えてしまうという悪い点も
時にはあります。

 

また自宅では練習していてもちゃんと弾いたり
歌ったりできるのに教室に来ると他の人(他の保護者)が
いるせいか緊張してうまくできないなんてことになって
しまう場合もあるようです。

講師も完ぺきではありません

そんなレッスン室での様子を講師から伺っていると
ふと講師が「私自身も何年も指導しているけれど
今日のレッスンはイメージ通り完ぺきにできた!と
思う日は年に数回しかないわ~」とおっしゃいました。

 

それをきいて「え?」と思いました。

 

講師は毎回レッスン前に指導計画を立ててレッスンを
行います。その中で生徒さんたちにこんな風に声をかけたら
こういう反応をしてくれるかなということも考えて
取り組んでいるそうです。

でも必ず思った通りの反応をしてくれるわけでは
ありません。

 

「あの時別の言い方をしていたらもっと違う
反応をしてくれたかも。もっと生徒さんが
ノリノリになれたかもと毎回自分の言葉を
振り返って反省する日々ですよ」
とおっしゃっていました。

 
保護者の方も日々悩まれることがあると思いますが
実は講師も毎回たくさん悩んでいるんだとこれをきいて
思いました。

 

世の中に完ぺきな人は人はいません。誰もが
「失敗して悩んで振り返って考えて変える」この繰り返し
なんだなと思います。

 

 
完ぺきな子育てもありません。一緒に悩んで考えましょう。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 子育て, 教室の様子