進路決定は予め相談してアドバイスを聞こう!

   

初心者のための音楽サービス専門店
平瀬楽器の平瀬慶子です。

こんにちは~♪

進路のことはいつから考えはじめますか?

進路相談

保護者も含め周りの大人は
「生まれたときは元気ならいい」と思っていても
(少し大きくなると)「早くハイハイしてほしい。」
立てるようになると「歩いてほしい」と成長に
応じてお子さんにたくさんの期待をします。

そして幼児、小学生、中学生、高校生と大きくなるに
したがって将来は〇〇学校に行かせたいという
具体的な進路見えてきます。

さてそんなご両親や周囲の大人がそろそろ具体的に
考え始めているているとき、当の本人はどんな考えで
いるんでしょうね。

 

実は先日当店に小さな頃から通ってくださっている
生徒さんの保護者の方が先生に相談されたそうです。

講師のアドバイス

現在、小学生の高学年。ピアノを演奏することが
大好き。保護者は将来のことを考えると高校から
音楽の専科があるところへ進学(受験)する
かどうかも視野に入れておきたいということでした。

 

そんな早くから考えているの?と思う方もありますが
昔から、音楽を専門的に学ぼうという方はとっても早い
うちから考える方が多いです。

 
この相談に「お子さんの性格を考えると、音楽専科のある高校に
行くともしかしたら潰れてしまうかもしれない。
普通に一般的な高校に通って勉強もしながらでも
音楽大学を目指すならなんの問題もなく行けると思う。
ただ本人がどうしても行きたいと強い希望があるなら
もちろんその方向で指導します。」
と講師は答えられたそうです。

 
他にも以前からピアノレッスンに通っている
高校生の男の子から音楽方面に進学を視野に
入れての相談があったそうです。

 

でも「勉強がよくできるあなたに、大学を出て
からのことを考えると音楽の道に進むのは
あまりおすすめしない。もう一度しっかり
考えて見てください。その上でどうするか
を決めませんか」と伝えられたそうです。

 

ベテランの講師はたくさんの生徒さんを見てきた
だけあって、ひとりひとりのためにわかりやすい
表現でアドバイスをされています。

 

もちろんこれらはアドバイスであって
先生が決められることではありません。
ご本人しっかり意識して頑張れるなら
全力で指導してくださいます。

 

 

こうして予め相談していただけると
いろいろな道が見えてくると思います。

 

わからないことは遠慮なくどんどん相談しましょうね。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 教室の様子, 考えていること