2歳のイヤイヤ期はみんなで乗り切ろう!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

今日は朝から雨が降りました。
姪っ子、甥っ子は先週から延期になっていた
保育園での運動会を楽しみにしていたのです
が今日も無くなってしまいました。

 

私はとても残念に思っていたのですが
子どもたちは特に残念な様子もなく
「ただいま~♪」と帰ってきたのでちょっと
拍子抜けしてしまいました。

イヤイヤ期に突入した2歳児

さて最近、2歳の甥っ子は「イヤイヤ期真っ盛り」です。

 

先日は保育園にお迎えに行くと「靴を履くのがいや」
「抱っこされるのもいや」「ママじゃないといや」
と逃げ回られました。先生は「めーいっぱい
イヤイヤ期ですね(笑)」とおっしゃりながら
余裕の表情でした。

なぜ先生はこんなに余裕でいられるの?
思ってしまいました。

実は今日も朝から食べるパンを「これじゃいや~」と
ぐずっていました。
周りの大人たちは「ぐずってないで早く!」と
言ってばかりになります。

保育園の先生みたいに余裕のある対応ができるように
どうしたらいいのかな~といろいろなサイトで
調べてみました。

イヤイヤ期対策

あるサイトで脳の成長における分析がありました。

2歳前後のお子さんは
あれをやってみたい、これをやってみたいという
欲求が強くなる一方で、その欲求を抑える能力は
まだまだ発達していません。
周りの状況や、相手の気持ちを考えることも、
物理的に脳が発達していないため、まだできま
せん。それが、激しいイヤイヤ行動になって
現れるようです。

対策としては
「①状況を変える」「②他のことで誘う」
「③期待せず、でも言い続ける」

 

という事でした。

こういう事を上手に保育園の先生方は
おこなってらっしゃるんでしょうね。

 

さて平瀬楽器のヤマハ音楽教室の体験教室に
来てくださる方の中には、初めての場所で
人見知りしてしまったり、イヤイヤ期真っ盛りで
教室に入ることができないお子さんがたまに
いらっしゃいます。

 

その多くの方はまだ早かったかなとあきらめて
しまわれます。でもヤマハの教室は学齢式を
採用しています。クラスは同じ年のお子さんばかりです。
きっとお悩みも同じようなタイミングで
同じようにあると思います。

 

ぜひ保護者同士の情報交換もかねて
楽しく通っていただきたいと思います。

 

 

私たちも保育園の先生を見習って
保護者のサポート頑張りたいと思っています。

 

 

ぜひレッスン見学に来てください。
お待ちしています!

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 子育て, レッスンについて