ブランディングについて考えてみた

   

はじめのはじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

つい先日、ある講演会ででブランドやブランディングの
お話を伺いました。
その日からなんとなくブランドとかブランディング
というのが引っかかっていまして。

 

 

引っかかっているといっても、
ずっとうんうん考えてるわけではなく、何かにつけて
ブランドやブランディングについて考える時間を
持とうとしているっていう感じです。

 

例えば平瀬楽器のやってる仕事や平瀬楽器の事は
どんな風に世間の人に思われているのかな?とか

これってブランドにならないのかな?とか

どうやったらブランディングできるのかな?とか。

 

 

他のお店と違って、平瀬楽器の場合は音楽というものを
扱っている時点でそれだけでも珍しい業種業態です。

しかも音楽といっても何かの専門というわけではなく、
幅広く何でも扱っていたりします。

専門性という観点から考えると良くないことなのかも
しれませんが、イメージをつけるという意味では
幅広い方がいいのかなとも思ったりもします。

 

●専門性とブランディング

 

専門性とブランディングって同居できそうで
難しいのかもと思っています。

 

専門的になればなるほど狭くなり、
伝わりにくいのかもーと思ったり。

 

でも、音楽といえば平瀬楽器、
音楽といえば平瀬さんと言ってもらえるような
仕掛けというのは常に意識をしておかないと
いけないんでしょうね。

 

●そのために何ができるのか

 

そのために何ができるか。

そのためにどんな仕事をしていけばいいのか。

そのためにどういう風な見せ方をしていけばいいのか。

 

それはこれからも継続して考えていかなきゃ
いけないと思いますし、
何か一定の答えがあるわけでもないような気がします。

いずれにしてもこういう田舎で仕事をしている以上
「〇〇と言えばあの人!」みたいな感じの
刷り込み的なものは絶対必要だと思います。

 

そのためのブランディングというのは
常に意識しておきたいもんですね。

 

これからもブランディングについて
ぼんやり考えていこうと思っています。

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 考えていること