連弾楽譜がいっぱいあるよ!やってみよう!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

 

ピアノを習っている皆さんは誰かと一緒に演奏する
というご経験はありますか?

連弾にチャレンジしよう!

ピアノを習っている人が発表会やコンサートなど
ひとりで演奏するのはよく見かけます。
これはいわゆるピアノソロというものですが
ときどきお友だちや先生、ご家族と二人以上で
1台のピアノを演奏されるステージがありますね。

客席や舞台そでから演奏している様子を見ると
とても楽しそに思います。

 

先日もお店で働いているスタッフのお子さんが
発表会で連弾にチャレンジしたというお話を
伺いました。連弾を頑張ったおかげでこれからも
ピアノを続けたい!とおっしゃっていたそうです。

 

連弾というスタイルは先生が生徒さんにピアノを
教える過程でできたといわれています。
初めてピアノを弾き始めた時、音楽として成り立た
ないような場面でも先生と一緒に弾くことで
音楽の楽しさや満足感が感じられるようにという意味が
あったそうです。

 

確かに習いたての小さなお子さんは発表会で先生と
一緒に演奏されていることが多いですね。

 

そしてもう一つの成り立ちはオーケストラの曲を
ピアノで演奏するためにできたそうです。
バレエやオペラで常にオーケストラを準備できな
い時にピアノそのかわりをするために連弾ができた
という説もあります。

 

ピアノは音域の広い楽器です。一人で演奏するより
何人かで演奏することによってより幅広い様々な
音楽を1台の楽器で楽しめますよね。

連弾は難しい?

「勝手に止まれない」「呼吸を合わせなければいけない」
「音のバランスを考える」「お互いの意思の疎通が必要」

今までピアノを一人で演奏してきた人は上記のような
理由で連弾が難しく感じるそうです。

 

でも逆に考えれば仲のいい友だちとそしてご兄弟や
家族、先生となら簡単にできそうだと思いませんか?

まずは身近な人と連弾に挑戦し連弾の面白さを
感じてみてください。

 

 

平瀬楽器の店頭にはいろいろなレベルや様々な
ジャンルの連弾楽譜を取り合そろえております。

初級&中級、いちばんやさしい、人気のスタジオ
ジブリ、パッヘルベルのカノンなどの名曲、
耳なじみの童謡も豪華にアレンジされています。

 

 

弾いてみたい曲を選んでピアノの先生に相談して
みてください!もっとピアノが楽しくなりますよ。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 楽譜のこと