中高生におススメの1冊!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

今日から平瀬楽器は平常通りの営業をしています。
楽譜やリードがほしかったのに・・という方々には
申し訳ありませんでした。

気になる本を発見!

さてお休みあけ午前中はメールでのお問い合わせや
ネットショップの注文などの処理に追われています。

LINE@でお休み中にご注文いただいた商品の
取り置きや在庫連絡をしておりますが
ふとこんな書籍が目にとまりました。

「調性で読み解くクラシック」吉松隆


いわゆる小説などによく出版されている文庫本サイズの
書籍ですが「続々重版!」という帯がついていました。
中を見てみると初版は2014年10月ですがすでに10版まで
発行されているようです。

 

どんな内容なのかな~と気になってちらっと見てみると
字の大きさもそれほど細かくなく、楽譜や絵が多用され
ているのでとっても読みやすそう!という印象でした。

シャープやフラットが苦手

この本は調性というものテーマに書かれていますが
中は楽章ごとに調性をいろいろな視点からとらえた
解説がありました。

基本的な「調性とは」から始まり「楽器からみた調性」
「科学的にみた調性」「調性の歴史」などパラパラと
見ただけですがとても面白そうでした。

 

 

私は中学生からフルートをしていますが今でも
シャープやフラットは苦手です。いつもシャープか
フラットは3~4個までの楽譜にしてほしいとつい
思ってしまいます(笑)

でも吹奏楽という集まりでは楽器ごとに調が違うので
フルートでフラットが3個だとクラリネットの人は
フラットが1個だったりします。

 

学生時代は自分が楽になると他の人が大変な思いを
しているみたいだけどなんでかな~となんとなく
感じつつ、調べるまでは至りませんでした。
でもこの書籍を読むと「なるほど~!」と思うことが
随所にあります。

 

苦手なシャープやフラットにもちゃんと意味がある
ことが理解できたうえで演奏できるともっともっと
面白くなるかもしれませんね。

 

できれば中学生たちに読んでいただきたい1冊です。
ぜひ店頭で手に取ってみてくださいね。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 楽譜のこと