指摘しあえる良い関係作り

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

今日はスタッフ勉強会。毎回いろいろな発見があります。

考え方や物の見方はいろいろ

数名のスタッフがテーマに沿ってそれぞれに考え付くことを
付箋に書いて発表しました。

 

ことわざで「三人寄れば文殊の知恵」とよく言ったものです。

意味は(ことわざ辞典)
三人寄れば文殊の知恵とは、凡人であっても三人集まって
考えれば、すばらしい知恵が出るものだというたとえ。

 

自分一人ではあれこれ考えてもなかなかアイディアが浮かばなかったり
うまく表現できなかったり、まとまらなかったりします。
四苦八苦しながらなんとかアイディアをひねり出しました。

 

正直こんなのアイディアと言えない、これまでと同じなんじゃない
かしらと思いながら書いていることもあります。
でも無理矢理にでも書き出してみることで同じことに対しても
いろいろな発想や考え方、表現の仕方がありました。

 

そうして出てきたみんなのアイディアや意見、物の見方を知る
ことでまた次に新しいアイディアが浮かんできます。

これってとても面白いと感じました。

 

さてその次は改善にむけての取り組みでした。

ダメだし?&改善案

平瀬楽器は三田センターと藤原台センターにお店があります。

各店のスタッフが集まる勉強会ではお互いのお店の
良いところや慣れてしまって気が付けずにいることなどを
指摘しあうという試みを行いました。

 

今回は販売のところで売り場のチェックをしました。
しばらくするとどうしても見慣れた風景になってしまい
がちな商品展示です。
ダメ出しとは言いませんが、もっとこうした方がいいのでは?と
いう意見を出せる場を作りました。

わかっているようで知らないお客様心理や目線などを考えなおす
というのはとても勉強になりました。

 

よくお客様目線で!とか相手の気持ちになってと言いますが
なかなか簡単に切り替えられるものではありません。

 

違うお店で働いているとはいえ同じ会社の一員どうし。
時にはこうして指摘しあえるような関係と場を作っていく
のも重要だな~と感じた勉強会でした。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - スタッフ勉強会