濃いフィードバックからの…

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日はスタッフのワークショップを行いました。

 

●勉強の時間

 

うちのお店では月に2回、各2時間ずつ
勉強会とミーティングを行っています。

そのうちの1回が昨日のワークショップ。

通称「わくわくワークショップ」。

 

楽器に関する知識であったり、音楽教室のシステムの
勉強であったり、日々の仕事の中ではなかなかしにくい
勉強の時間をとっています。

やっぱり勉強って大事なんですよね。
その時間を毎月、たった2時間ですがやるようにしています。

 

●売り場の作り方

 

昨日のお題は店頭の売り場の作り方でした。

もっとこうしたら良くなるだろうなぁというのが
目に見えていても、こちらが勝手にやってしまったり
口で言うだけではスタッフの皆が腑に落ちない。
成長しないんです。

 

それを理解してもらおうと思うと、自分たちで
気づくというのが必要かなということで、
昨日はお互いに自分の作っている売り場を見て、
いいところや改善点を指摘するという作業をやりました。

 

 

こちらの最初の思いとしては
もっとノウハウ的な話になるのかなあと思っていたのですが、
期せずして「目線」や「視線」「導線」など
お客様の目を意識する発言がたくさん出てきて、
これは意外(と言ったら失礼なんですが)な
濃いフィードバックになったかなと思っています。

 

●目線をイシキ

 

売り場を作るときにはお客様の目線というのは
とても大事です。

小さな子供の目の高さや店の入り口から
ぱっと見たときのイメージや印象、
お客様の動きを考えての商品や什器の配置などなど
考えることが山盛り。

 

昨日はたくさんのフィードバックがあったものの、
一気にやることって不可能です。

少しずつ少しずつでいいので、変えていければ
いいなと思っています。

 

みんなで出し合ったたくさんのフィードバックから、
お客様が楽しんでもらえる良い店作りができれば
いいですよね。

これからの店頭が楽しみです。

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

 - スタッフ勉強会