お子さんの将来を想像してください。

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。

こんにちは~♪

 

今日は生徒さんの保護者の方がお子さんの事で少し悩まれていました。

うちの子、きちんと練習しないけど・・・

ちょっとしたきっかけからおしゃべりが始まって
お子さんの普段の様子をいろいろ伺いました。

 

お母さまは男の子なのでピアノをいつまで続けてくれるのかと
考えているし、練習も遊び弾きばかりしていてきちんと弾いて
くれないのでこんなままでいいのかしらとおっしゃっていました。

 

実は小学生低学年、特に男の子はいろいろなものに興味があるので
ピアノを嫌がらず、むしろ遊びとして取り組んでくれる子は
将来がとても楽しみだと私は思っています。

 

女の子は小学生のうちからピアノを習いたいとか
お友だちのようにピアノが弾けるようになりたい!と思ってくれます。

でも男の子の場合、習ってて良かった!ピアノが弾けて良かった!と
感じてくれる時期はもう少し先、中学生くらいになってからがほとんどです。

もっともその前にピアノを辞めてしまうことも。

細々とでも続けていただいていれば・・・。

 

中学生になると合唱の伴奏を生徒さんが行う学校が多いです。
そんな時、ピアノが弾ける男子はみんなから「すごい!」と
高評価されます。
特に友だちからの評価には思春期のこの時期とても敏感です。
そんな時人よりも出来ることがあるという自信は
他のいろいろなことへの努力と成功につながるのです。

どんどん進むことが大切ではない

今はただピアノを遊びで触っているだけと見えてしまうかも
しれません。出来るようになったことに対しておとなは
また次、次とついつい考えてしまいます。

 

でもレッスンの中で担当の先生が年齢に応じて的確にやるべき
ところは伝えてくださっていると思います。

 

そこをきちんとこなせれば「今は欲張らない」「楽しんでいる事を
喜んであげる」「出来たことを褒める」いいのではないかと思います。

そうすることでお子さんはやった分、きちんと評価されていると感じてくれます。

やる気と自信をくじかないようにするためにもこういった配慮は必要かもしれませんね。

 

 

将来のお子さんの素敵な姿を想像できるように
今までの生徒さんの様子を出来る限りお伝えしたいですね。

なんでもお話ししてくださいね~お待ちしています!

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - レッスンについて, 考えていること