形が見えるとわくわくする

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪
今日はヤマハ音楽教室の講師会でした。

講師会って?

この講師会では年間イベントのスケージュールに基づいた内容の検討を行ったり
イベントに向けてのさらに細かいスケジュールを調整しています。

 

では今日は何のイベントに向けた話をしたのかというと。

 

年明けのジュニアオリジナルコンサート(1月実施)
ヤマハ音楽教室の合同発表会(3月実施)についての確認でした。

 

各イベント実施に当たっては講師によって伝達内容に違いが出てはいけませんので
昨年度の反省をもとに伝達内容の確認などをこと細かく行っています。

 
特にレッスンでの指導に関してもまだまだ日にちがあると思いがちですが、
1か月にレッスンを行う日は3日から4日と考えると、
実は1月のJOCまでの回数は6回~7回程度、
3月の発表会までは13回から14回ほどしかありません。

 

それぞれのイベントが終わってからでは間に合わないこともありますので、
講師の皆さんは細かく調整してレッスンを行っていくことが必要になります。

 

形が見えてくると「楽しみ」になる

10月、11月になると私はこの先のイベントの数を考えると
ただただ「大変だ!」という気持ちが先に立ってしまいます。
 
でもそれぞれの実施日を見据えて、期限などを検討していくと見え方が変化してきます。

自分自身だけでなく関わる人みんなで情報を共有することで「安心」と
「楽しみ」が感じられるように思います。

 

ヤマハの音楽教室は年間でたくさんのイベントがあります。
各イベントに参加される生徒さんと保護者の皆さんも
とても忙しい思いをしていただいています。

 

でも当店には、きちんとスケジュールをご案内させていただくことで
計画的にレッスンや練習をこなしていけるお子さん、
そしてご協力していただける保護者の方がどんどん増えています。

 

 

頑張る生徒さんと協力いただいている保護者の皆さんの期待に沿えるよう

そしてイベントに向けての楽しさ、本番を終えた時には達成感を感じて
いただける良いイベントにするために私たちも頑張りたいと思います。

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 教室の様子, 考えていること