音楽は可能性を広げます。

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。

こんにちは~♪

ここしばらく、水曜日は藤原台センターにいることが多かったのですが、今日は久しぶりに三田センターでお仕事をしていました。

久しぶり~おしゃべりしたかった~

今日、久しぶりにお会いする保護者の方々がいろいろ声をかけてくださいました。

 
毎週レッスンに通ってきていただいているのですが私がほとんどお店にいないので
「先週もまた会えなかったね~なんて言ってたのよ~」とおっしゃってくださいました。

 

こんな風に言ってもらえるって嬉しいですね。お時間あるならおしゃべりしましょ!といろいろ伺いました。

 

そんな保護者の方との会話の中でお子さんの近況を伺いました。

そのお子さんは半年ぐらい前まで当店のピアノ教室に通ってくださっていました。
でもある日突然ピアノのレッスンを辞めたいとおっしゃいました。

 

お子さんの近況

辞めたいとおっしゃったのは3人兄弟の真ん中のお子さん。上のお子さんも下のお子さんもピアノを習っています。

理由をきくと「ダンスがやりたい」とのこと。

 

小さいころからずっと見てきた私も、そしてお母さまも「ピアノをやめて欲しくない」と思っていました。

でもピアノを弾くのも嫌になりそうな勢いだったので仕方なく退会となりました。
今日、そのお子さんの様子を伺いました。

 

「とにかくやる気満々で!」

ピアノの練習はお母さまが言わないとしなかったのですが、ダンスは時間があったらとにかく練習しているそうです。
最近は地域のお祭りなどでお友達とダンスを踊ったりする機会もあるそうです。

 

「ダンスしているあの子本当に楽しそうでよかったかな~って思います」とお母さまがおっしゃっていました。

私も「本当に自分がやりたいと思ったことを見つけられてよかった。しかもダンスなら他のご兄弟と比べられないから、ますますいいのかも(笑)」といってお母様さまと二人で喜びました。

 

踊っている様子も動画で見せていただいたりして、頑張っている様子がよくわかりました。

 

お子さんが自分のやりたいことをちゃんと見つけてそれに一生懸命になれるって本当にうれしいことだと思います。

豊かな感性を育てる音楽

私は小さなうちからピアノ教室や音楽教室に通うことはいろいろなことをはじめるための下地になると思っています。

例えばダンスはリズム感が必要ですよね。

他にも集中力や理解力、表現力などたくさんの力がピアノレッスンで身につきます。

 

実際たくさんの生徒さんの様子や成長をこの目で見てきました。

やりたいことを見つけたお子さんは、その中で一番になれるようにとても頑張っていらっしゃいます。

 

保護者の皆さん、お子さんが「やりたい」を見つけるまでは音楽教室やピアノ教室に通って、豊かな感性といろいろな力を身に付けましょう。

そしてどんなやりたいことにも挑戦し努力できる下地を育ててあげませんか。

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 考えていること