○○を活用して練習に取り組もう!

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

半年ほど前に読んだ本で見かけたんですが、
タイマーをかけて仕事をすると効率がいいらしいんです。

それをそのときやってみたんですが、

効率はともかく面白いんですよね。

 

この仕事は20分で終わらせよう、

この仕事は20分間やろう、みたいな感じで

仕事の種類によって取り組み方を変えることができるんです。

 

 

●タイマーのいいところ

 

時間を切って取り組むことで集中力が

高まるという利点があります。

刻々と減っていく秒数をちらっと見てしまうと、

なんとかこの時間に終わらせなきゃって

思う力が働きます。

 

実は今もこのブログ、20分間のタイマーを

掛けて書いているのですが、時間内に

なんとかしなきゃって思いますもんね(笑)

 

 

あと、たとえば調律のアポイントを

取るような仕事の場合、

お客様宅に電話をかけて、お話をして、

日程調整をする、という流れになるわけですが、

正直この作業はお客様が留守だったら

アポ取りなんか出来ませんし、

今月だけでなく来月もその先もずっと続く

仕事なので、いくらやっても終わりはなく、

キリがない作業なんです。

 

でも、タイマーをかけることで、

今日はとにかく15分やってみようと

取り組めるというのが利点だと思うんです。

 

 

●自宅の練習でも

 

ピアノのレッスンの場合、

「この曲を○回弾きましょう」

なんて宿題が出ることがよくあると思います。

 

回数ももちろん大事なのですが、

ピアノに向かう時間が大事で、

それを習慣づけることが

本来の意味なんじゃないかなと思います。

 

なので、こういう宿題の場合でも

タイマーを活用するのもいいかもしれません。

 

と言っても、

「30分ピアノを弾きましょうね」

ではなく、

 

「この曲は昨日は△分で弾けたから、

今日は×分でやってみようか」

 

とちょっとだけゲーム感覚で取り組んで

みるのはいかがでしょうか。

 

目的達成のために早く弾いてしまうことは

本末転倒なのですが、取り組むことを

自然に持っていけるようにするために、

楽しみを利用するのはいいこと

なんじゃないかなと思います。

 

 

●やることの意味

 

ピアノのお稽古で言うとツェルニーや

ハノンなどのクラシックな練習曲があります。

最近は少し使う方も減ってきていますが、

安定の人気を誇る教材です。

 

しかし、これらの教材を何故使うのかを

きちんと説明できない指導者は少なくありません。

 

繰り返し弾く宿題、指の練習、それらの持つ

意味をひとつひとつ説明することが

できれば一番いいのですが、

もしそれが無理なら別の意味を作ってでも

取り組む環境を作ってあげることが

大切なんじゃないかなと思います。

 

そういう意味でもタイマーを

うまく活用するというのはオススメです。

ぜひ工夫して取り組んでみてくださいね!

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪


 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - レッスンについて