恒例の親子&姉妹セッション

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器のスタッフ平瀬慶子です。

こんにちは

 

今日は当店でチェロレッスンを受けていただいている生徒さんとその家族による

ミニコンサートがありました。

 

ミニコンサート?

 

ミニコンサートといってもどこかホールで行うのではなく

教室でチェロレッスン中に演奏をしていただくだけなのですが・・・。

演奏してくれるのはチェロのレッスンを受講の生徒さんとお姉さん、そしてお母様です!

 

 

家族に披露!が家族も参加?

 

当初ミニコンサートは姉妹でチェロを習われていたのでレッスンの成果を

家族に披露するために行っていました。

チェロレッスンがスタートして間もない頃だったのでお店のスタッフも

見たくて遅い時間まで残ってコンサートに

お邪魔させていただくこともありました。

何回かコンサートをやっていくうちにお姉さんがピアノ伴奏、妹さんがチェロ演奏を

してくれるようになりました。

 

姉妹の楽しそうな様子に刺激を受けたお母様。

私も参加したいとリコーダーなどの小物楽器で参加しはじめました。

↓こちらが前回の様子!

image

 

実は楽器の経験がほとんどないお母様。お姉さんが少し曲をアレンジをして

演奏できるようにしてくれています。

実にいい形で親子共演できる楽しさを満喫されています。

 

理想の家族

 

姉妹は小さなときから当店のヤマハ音楽教室に通っていただいており

中学では吹奏楽部でトランペットを始められました。

また、音楽教育に協力的なご両親なので、姉妹がチェロを習いたいとおっしゃったときにも

とても理解を示していただきました。

当店の生徒さんの中でも特に理想の家族像といえます。

 

現在はお姉さんが遠方の大学に行っているので夏休み、冬休み、春休みの

長期休暇に帰省した時にコンサートを行うことにしています。

毎回コンサートが終わるたびに次は何の曲をしよう?と相談が始まります。

 

今日の曲は3月の春休みに決まったのでたっぷり時間がありました。いやあったはず。

 

がしかし

次回にリベンジ

 

 

小さな頃からヤマハのグループレッスンや吹奏楽部で人ときちんとあわせることを学んできた姉妹。

お母様とのアンサンブルがちっと納得できなかったようで演奏の出来に不満があるようでした。

先生とも相談し、せっかくなので次回にリベンジしようということになりました。

 

 

この後のやりとりがおもしろかったのですが

お母様「次もこの曲やるの?」

お姉さん「もう一度やるからリベンジっていうんだよ」

 

 

先生「わはは、やっぱりこの姉妹、(初心者の)母への要求が厳しいわ(笑)」

 

先生「お母さん、レッスンに一緒に来てください。ピアニカも教えますよ」

 

さて次回がさらに楽しみになりました。

↓今回の様子。

セッション

 

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 教室の様子