幼児科を終えたあとは?

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

最近、幼児科の保護者の方からこの後のコースは?とお問い合わせを
いただきます。

何を学んできたのか

グループレッスンでスタートした幼児科は
カリキュラムが2年でひと区切りになっています。

幼児科では2年間でまた和音を聴き取る力や
音名で歌う力と共に両手で鍵盤演奏ができるようになります。
またカリキュラムの中で5つの調を学び、最終的には
自分で考えた伴奏をつけて演奏することも経験します。

 

 
この幼児科のレッスンを2年間受けた方は、ピアノなどの
鍵盤演奏を学ぶというよりも音楽の基礎を総合的に学ぶ
コースだという事がわかっていただけているのではないでしょうか。

これからが学びの本番

幼児科では無理なく楽しく音楽の基礎を学んでもらう事を
一番に考えたカリキュラムでした。

児童期に入ると今まで学んでいた音楽の基礎をベースに
実践力を学ぶといってもいいかもしれません。

 
これまでは教えてもらうだけのインプットだったわけですが
今度は様々な形でアウトプットしていくのです。
それはピアノやエレクトーンなどの鍵盤での演奏表現であったり
うたやアレンジ・創作といった形で表現することも
アウトプットです。

 

身体的には骨格や筋肉が発達してきますので
細かい指の動きをコントロールできるようになります。
そして何より記憶力や集中力が格段に高まります。

お友だちと一緒に楽しみながらに協力し合い
時には競い合いながらがより深く学んでいくこと
ができるようになります。

 

 
まだまだ保護者のサポートは必要ですが
お子さんにとってより良い学びのコースを選んで
いただきたいと思います。

 

 
進路ごとのコースの詳しい内容は
お気軽に講師やスタッフにお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - ヤマハ音楽教室, レッスンについて