音楽教室に通ってできるようになったこと!

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

皆さんは覚えるということが得意ですか?

学校で伴奏

先日当店の管楽器コースの講師で保護者でもある方と
お子さんの様子についておしゃべりしていました。

 

 

その方のお子さんは現在中学生。
3歳くらいから当店のヤマハ音楽教室に通い始め
今でも個人レッスンでお越しいただいています。

 
グループレッスンに通っていただいていた小学生の間は、
送り迎えもかねてレッスン時間にはその講師も教室に来ていました。
待ち時間がかなりあるので頻繁におしゃべりしていました。

 

 

お子さんが大きくなり、レッスンに行くのも練習するのも
自分でやってくれるらしいので今の様子をお伺いするのが久しぶりでした。
あと数日で10月ですが、やはり秋になると各学校では合唱祭や文化祭
音楽発表会が行われます。

先生のお子さんは合唱の伴奏をすることになったそうです。

感心したこと

実はお子さんは現在2年生、昨年も伴奏を経験したそうです。

 

でも前回は譜読みに時間がかかりかなり苦労したらしく、
今年は昨年の反省も踏まえ、夏休み中には苦手な譜読みを
してしまわなければ!と取り組まれたそうです。

 

 

少々難しい曲だったようで先生も今回は譜読みがきちんと
できたかどうかなど確認されたそうです。
そこでお子さん様子に感心したことがありそれを教えてくださいました。

ヤマハ育ちの子どもは 『譜読みは時間がかかるが「暗譜が早い」』

 

 

カデンツや伴奏付けなど音楽の基礎を学んできているので
曲の流れが自然と理解できています。

曲の大枠が理解できている上に耳がいいので譜読みができると
暗譜がほぼできているらしいです。

 

 

習い事をしている中で何ができるようになったかは
人それぞれ違うと思いますが、家族がこんな風に
気づいてくれると嬉しいですね。

 

伴奏頑張ってください!

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - レッスンについて, 考えていること