「できない」の先には「できる」がある

   

初心者のための音楽サービス専門店 平瀬楽器の平瀬慶子です。
こんにちは~♪

皆さんは自分に自信がありますか?

できる?できない?

人にはそれぞれ得意なこと、苦手なことが
あると思います。

例えば人は何かに挑戦してうまくいかなかった
とき「できない」「難しい」と感じてしまいます。
そこでこれはできない!と思ってしまったら
次にはもう挑戦しないかもしれません。

でも「できない」と悩んでしまう方にお勧めしたい
発想の転換があったのでぜひ知っていてほしいなと
思いました。

 

それは「できない」がある人にはその先に必ず
「できる」という可能性があるという事です。
なぜならできる人はできるものについて悩むことは
ありません。

でもできないと思った人は、できないからこそ
どうやったらいいか悩みます。そして考えます。
そこにできるようになる可能性が生まれるのです。

 
場合によっては最初にできた人よりも
上手にできるようになっているかもしれません。

考えることこそ上達への道

私自身も楽器の中学生のころから吹奏楽部で
楽器を演奏することを学びました。

最初は簡単に音が出ました。音が出たことは
とてもうれしく思いましたが
ピアノの経験がないので楽譜を読むのがとても
苦手でした。

 

何とか周りの人に迷惑をかけないようにと
こっそりリズムの練習をしたり、誰かが
演奏しているのを聴いてあっているか
確認したりしました。

あきらめず工夫したおかげで
ト音記号の楽譜はスラスラ読めるように
なりました。

 

 

小さなころから楽器を習っていなくても
大丈夫です。
自分のできないことだからこそいろいろ悩んで
考えて、一番いい方法を見つけるというのが、
上達への近道だと思います。

The following two tabs change content below.
三田で生まれ三田で育った三田っ子。平瀬楽器では主に教室の受付や販売を担当しています。実は発表会のアナウンスも頻繁に担当しています。2015年ヤマハスクールアドバイザー認定を受け、保護者の皆様からの様々なご相談をお伺いしています。 中学から始めたフルートとピッコロは現在も地元の吹奏楽団で続けています。

 - 考えていること