これでもう迷わない!?ギターの弦の選び方

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

店番をしていて、お客様から尋ねられる事柄の
ナンバーワンは、なんといってもギターの弦についてなんです。
ご存知でしたか?

 

●よくある質問に対する返答

 

「初心者なんだけど、どんな弦を選んだらいいんでしょう?」
っていう質問が1番多いです。

 

で、この質問にお答えさせていただく際に
確認させていただくポイントがいくつかあります。

 

まず1番目はどんなギターお使いですか?ということ。

エレキギターとアコースティックギターと
クラシックギターでは使う弦の種類が全く違います。

それぞれ全く違うもので、基本的に互換性はありません。

クラシックギターの弦をエレキギターには
張れないんですよね。

 

まずは楽器の種類がわかれば範囲をぐぐっと
絞ることができます。

 

その次に尋ねることは、そのギターは何年くらいされていますか?
経験はどれくらいですか?というもの。

 

経験年数とギターの弦とは直接関係がないような
感じもしますが、でも実際はかなり関係があるんです。

 

●指が痛い

 

というのもギターの弦は指で押さえるものです。

で、弦はスチール製などもあり、押さえると
基本的に指が痛いんです。

ですので、経験年数が少ない人にとっては
指に対して負担が少ない弦がオススメ。

初心者のうちは指に負担の少ない、細い弦から
はじめるというのが鉄則なんです。

 

●あまりこだわりが少ないかも、な点

 

最後に、このメーカーじゃないと嫌だ!とか
メーカー・ブランドのお好みを聞くようにしますが、
これはあまりないことが多いんですよね(笑)

 

でもメーカーによってはコーディングをした弦を
作っていて、普通に使うよりも5倍以上長持ちする、
みたいなスペシャルな商品もあります。

初心者のうちはあまり余裕が無いかもしれませんが、
少しだけキョロキョロする余裕が出てきたら、こういった
メーカーやブランドごとの違いなんかも気にかけてもらえたら
いいんじゃないかなーと思います。

 

 

今日は初心者の方のために弦の選び方動画をご紹介。
こちらもぜひご覧くださいね!

 

 

平瀬楽器のLINEに登録してください♪
楽器に関するちょっとした知識や
セール・お知らせなどを月に2〜3回お届け!

PCでご覧の方はこちらを
クリックしてください♪
The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 楽器のお手入れ, ギター