パンパンのスケジュールはかっこ悪い

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

昨日友人と話をしていて、「いつも忙しそうやね」と
言われました。

確かに毎日忙しく、あまり余裕もないってのが
本当のところですが、これって自分の性格で
スケジュールが空いていたら
埋めてしまうんですよね。

でもこれって絶対良くないと思うんです。

 

●練習時間が作れません

 

何かを始めようと思ったら、新しく時間を
作らないと何もすることができません。

例えば今、エレクトーンのレッスンに
少しずつ通っていますが、今のスケジュール管理
だったら練習する時間はほとんど取れません。

それじゃうまくなるわけなんかなくって、
レッスンに通っている事自体がもったいないだけ
なんですよね。

これを打破するためには、このパンパンの
スケジュールから何とかして脱出しないといけない。

何かを捨てなければいけないんですよね。
でも、なかなかそれができないんですよね~。

 

●子供は忙しい

 

今の子供さんは塾や習い事などで
毎日とても忙しく、レッスンに通っても
練習がなかなか行き届かない、なんて声も
聞くことが多いです。

でもピアノは好きだし、たまの息抜きだしということで
がんばって通ってくれている子供さんも
多いように聞いています。

 

そのたまの息抜きや好きなことだからという
理由を否定はしませんが、
やはりレッスンに通ってもらうのであれば
きっちり練習をしてきてもらいたいですし、
上達もしてほしいです。

そのためにはやはり時間の余裕って必要
なんですよね。

 

●かっこよくない

 

パンパンのスケジュールや忙しい自分を見せることが
かっこよく感じるかもしれませんが、
それって何の得にもなりません。

 

新しいものをポケットに入れようと思ったら
もともとポケットの中に入っていた何かを
出さないといけないわけです。

それって練習をしようと思うと、その練習のための時間を
捻出する努力も必要なんですよね。

 

今の自分がぶち当たっている課題ですし、
今の子供たちが忙しいというのもよくわかります。

 

まずはご家庭で、自分では時間管理ができない
子供たちの様子を見てあげて、さりげなくサポートを
してもらう必要があると思います。

練習ができないのではなく、練習をする時間を作る方法を
一緒に考えてみる、というところから始めてみませんか?

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 練習について