専門用語は便利だけれど。。

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は、あるプロジェクトの打ち合わせで
音源を聞きながら、楽譜を見ながら、あーだこーだいう場に
立ち会っていました。

 

●専門用語

 

そういう場にいる人が音楽を専門的に
学んでいる人ばっかりだったら話はとってもスムーズです。

 

たとえば

このソロの歌だけど、入りは遅くてもいいけど
3小節目くらいには a tempoで。
で、もうちょっとアゴーギグになってもらえたら。
最後2小節はrit。で、たっぷりフェルマータ。
次からは4分音符112くらいかな。

 

こんな感じ、という要望も専門用語を使うことで
わりと伝わりやすくなります。

 

でも、これはあくまでも音楽をやっている人たち
どうしの会話。

 

これを音楽を学んでいない人達に伝えるには
どうしたらいいでしょうか?

 

●専門用語のない世界

 

ちょっと無理くりやってみますね(笑)

 

このソロの歌だけど、最初の方はゆっくりでもOK。
で、40秒後くらいには一番最初のテンポに戻っててほしい。
で、歌の中身はもう少し自由に、テンポを揺らしちゃって
もらっても大丈夫。そこはちょっと工夫してほしいな。
最後30秒はだんだんゆっくり。最後の音はたっぷり伸ばす。
伸ばした次の音からは、少しゆっくりな行進くらいの
テンポでいきましょう。

 

ん〜、ちょっと無理があるかな?(笑)

 

ま、でも、実際専門用語って便利なんですよね。

 

●専門用語を使わないように

 

何かの説明をするときには専門用語は
極力使わないようにしましょう、的な
指導を受けたことのある方は多いと思います。

その理由は伝わらないから。

 

カタカナでかっこいい雰囲気だけど、
伝わらなかったら意味がないんです。

 

でも、それが許せる環境で、使うことで
より伝わりやすいのだったら
どんどん使うべきだと思うんです。

 

むしろ学んだもののアウトプットという意味では、
インプットしたままにしているより学習効率も
高くなるのではないでしょうか。

 

そればかりになってしまうとアンバランスですが、
せっかく便利なコトバです。

要所要所ではうまく使っていきたいものですね。

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 音楽について