超重要!椅子の高さとペダルのセット

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

昨日は発表会、そして今日はコンクール、と
同じホールに通勤しております。

 

●椅子の高さ

 

昨日の発表会では補助ペダルや足台のセッティングや
椅子の高さの変更担当を久しぶりにやらせてもらいました。

 

基本的に椅子の高さなんてのは、
日頃の練習やレッスンで使われている高さで
セッティングをすれば問題ないはず。

でも、これが違うんですよね〜。

 

ご存知でした?

ピアノの椅子ってすべて同じ規格じゃないんです。

 

同じような形をしている背付きの椅子であっても
規格が違うので、上から○番目の段は
それぞれ微妙に違う場合があるんですよね。

 

なので発表会やコンクールの際の椅子の高さ合わせは、
「いつもと同じ○段目」は超危険なんです。

これはご注意を!

 

●足台・補助ペダル

 

10年ほど前までは、足がブラブラしているなら
足台に置きましょうねという程度で、
補助ペダルなんかは無理して使う必要ない、
というような風潮でした。

 

でも、ここ数年の道具の進歩で
補助ペダルを使うのは当たり前になってきました。

コンクールなんかでも補助ペダルを使っての
演奏をよく見ますよね。

 

なので補助ペダルのセッティングはとても重要です。

 

 

ペダルがうまくはまっていないと演奏を演出する
効果が生み出せないばかりか、
演奏が細切れになってしまう恐れもあります。

せっかく練習してきたのに本番でだめだった!は
本当にもったいないですもんね。

 

 

●かっこいい

 

昨日の発表会では、
高校生くらいかな?大きめのお兄さんの生徒さんが、
椅子を一番下までがーんと下げてポピュラーな曲を
演奏してくれたのですが、
その様子がとてもかっこよかったんです。

 

大物感というか、落ち着いた感じも演出できますし、
実際落ち着いた演奏でしたし。

 

グリッサンドなんかもばっちりきまって、
ジャズを弾いてもいい感じになるような雰囲気の
演奏でした。

 

逆に、身体は十分大きいのに妙に高い椅子で
演奏をしていると演奏しづらいだけでなく、
どうしても演奏も縮こまって見えます。

 

椅子の高さって演奏面の問題もありますが、
見た目の演出という意味でも大きいですよね。

 

 

 

 

椅子の高さやペダルのセッティングなど、
どうでもいいものでは決してありません。

しっかりチェックしていい演奏につなげてくださいね!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - ピアノのこと, 発表会