楽譜はコトバ

   

はじめの一歩を応援する音楽サービス専門店 平瀬楽器のヒラセトモキです。
おはようございます!

 

ダンス初心者なんですけど…って
言ってこられる方がめちゃめちゃ多いらしいんです、
ダンススクールって。

 

●あたりまえ

 

ダンススクールはダンスを習う学校です。

最初から踊れれば来る必要ないんです。

 

なのに、

 

「ダンス初心者なんですけど…」

「リズム感がないんですけど…」

 

っていう前置きを持ってこられる方が多いらしいんです。

 

当たり前です。

最初から踊れるわけないんです。

踊れたら習う必要ないんです(笑)

 

 

●楽譜はコトバ

 

これと全く同じことが音楽教室にも言えます。

 

「全然弾けないんですが…」

「ギター初心者なんですが…」

「楽譜読めないんですが…」

 

まぁ、いろいろ言われます。

でも大丈夫。最初はみんな初心者なんです。

 

 

特に楽譜に関してはまったくもって大丈夫です。

 

みんな読めません。

たまたま読める、なんて人見たことありません(笑)

 

もちろん最初から楽譜がスラスラ読めるに
越したことはないですが、そんなの無理なんです。

 

 

 

たしかに学校の音楽の授業で音符の読み方は
学んだでしょう。

でも、たったそれだけで読めるようになるなんて
なかなかの天才肌だと思います。

読めなくて当たり前。

 

だって楽譜はコトバなんですから。

 

 

 

●英語ペラペラなのと一緒

 

学校の英語の授業だけで、
なんの不自由もなくペラペラに喋れる人って
いないと思うんですよね。それと同じ。

 

楽譜が読めないってのは当たり前です。

日々使ってないコトバなんか覚えるわけないですし、
使えるようになるわけがないんです。

 

なので、楽譜が読めないんですけど…は
全く意味のない前置きです。

最初はみんな読めませんから大丈夫です(笑)

 

 

ただ、楽譜を読めるようになるのもコツが
いるのかなと感じています。

 

音符や楽語を音楽を文字にしたものだと
見てしまうと、
なかなかすんなりとは入ってこないかもしれません。

 

たまたま五線上に乗っているけれど、
あれはコトバです。

ひとつひとつの記号に意味があって、
ストーリーになっているものなんです。

 

そう思って見てみると
また楽譜が違って見えるのではないでしょうか。

 

ね、楽譜はコトバ。

初心者は読めなくて当たり前。

 

少しずつ、一緒に勉強していきましょう!

 

 

■ 日刊メルマガ登録してくださ~い♪
毎日の生活の中で感じる「音楽」をお伝えする
【日記以上コラム未満な日刊メールマガジン】です。
ぜひ登録してくださいね♪

 

The following two tabs change content below.
1973年兵庫県三田市生まれ。三田市と神戸市北区で音楽教室と楽器販売を行う平瀬楽器の経営者。ピアノ調律師としてご家庭やホールなどをまわりつつ、ギターやピアニカ、カスタネットなど、いろんな楽器の修理もできるみたい。 楽器修理以外にもコンサートや落語などのイベント企画や進行業務と音響業務が得意科目。イベントの時に舞台袖に置いておくと全体的に役に立つ便利なナイスガイです。

最新記事 by ヒラセトモキ (全て見る)

 - 楽譜のこと